shussan

アメリカ・アラバマ州で昨年生まれた男の子。力強く育ち、周囲を驚かせている
パートナーとの子どもを望まず、一人で妊娠出産する女性のことをデンマークでは「ソロママ」と呼ぶ。一人で子どもを産み育て、恋人は欲しくなった時に出会えばいい。そんな選択をするデンマークの女性たちの話です。
強制帰国を恐れ、一人で双子を出産したベトナム人女性。弁護士は「女性は奴隷的な状況に置かれていた」と技能実習制度の問題点を指摘しています。
「新米ママとしても、また新たな最上 もがを発信していければと思っているので、今後ともあたたかく見守っていただけると嬉しいです」
生後すぐに子どもが殺される事件、表に出て責任を負わされるのは母親ばかりだ。「子どもは1人ではできないのに。本当におかしいですよね」と支援団体の女性は憤った。
二宮さんは2019年11月、かねてより交際していた一般女性との結婚を発表していた。
仕事と子育てを両立できるのか?考えると途方に暮れてしまいます。私にはきっと耐えられないな、と言う結論しか出せなくなってしまいます。
夫・岡田義徳さんも「これからも夫婦、我が子達をどうぞよろしくお願い致します」とつづりました。
2月2日、自身のインスタグラムを更新し「先日、元気な男の子を出産しました。予定日より1週間ほど遅れての出産となりました」とコメント。
AKIRAさんはモデルでロックバンドDISACODEのボーカルも務めています。
「出産前から相談する場が少なく、人とも気軽に会えず、1人で不安を抱えてしまう人も多い」。支援を続ける助産師はそう指摘します。
子どもがいるからといって幸せとは限らない。頭では理解していても、心のわだかまりを払拭するのは容易なことではない。
コロナで集団献血会場の中止が相次ぐなどの影響で、都市部を中心に献血者数が減少。血液の安定確保は、予断を許さない状況が続いている
「結婚はもういいけど、子どもは産めるものなら産んでみたい」という思いを抱えていた私は、結婚せず、経済的にも依存せず、恋人同士という比較的ラフな関係を維持しながら、出産・子育てに臨む私の挑戦を始めました。
様々な事情から未婚もしくは結婚していても子どものいない女性が集まり、話をする会を開催している「マダネプロジェクト」。主宰者のくどうみやこさんにご自身の「子どものいない人生」について、話を聞いた。
「美しい瞬間って、あまり美しくない」。ある女性が、出産時の体験を基に描いた「母子写真」にまつわる漫画が話題です