NEWS

9歳のトランスジェンダー、ナショナル・ジオグラフィックで初の表紙「もう男の子のふりをしなくていい」

2016年12月20日 01時16分 JST | 更新 2016年12月20日 15時38分 JST

約130年の歴史があるナショナル・ジオグラフィック誌の表紙を、初めてトランスジェンダーが飾る。2017年1月号の表紙になったのは、9歳のエイブリー・ジャクソンだ。

特集のタイトルは「ジェンダー革命」で、「女の子になって一番嬉しいのは、男の子のふりをしなくてよくなること」というジャクソンの言葉が、表紙に書かれている。

(ROBIN HAMMOND/NATIONAL GEOGRAPHIC)

同誌のプレスリリースによると、特集は「ジェンダー・アイデンティティを文化的、社会的、生物学的、個人的な面から深く調べた」。

シエラレオネの若い女性たちの生活を追った「女の子の危険な生活」や、ジェンダー・アイデンティティを取り巻く環境を、科学がどのように導いてきたかを取りあげた「ジェンダーをもう一度考える」といった特集が組まれている。

編集長のスーザン・ゴールドバーグ氏によれば、ジェンダー問題の一部にだけスポットライトが当てられている現状を知ったスタッフが、このジェンダー革命特集に取り組んだ。同氏はテレビ局NBCのサイト「NBC Out」にこう語っている。

「世界中で伝統的なジェンダー・ロール(男女の役割)がどんな役割を果たしているかだけでなく、ジェンダーの問題がどんな分野で取りあげられているのかも調べたかったんです。セレブを取りあげた記事はたくさんありましたが、一般の人たちや、私たちが学校や職場で毎日直面するジェンダーの問題についての理解は広まっていませんでした」とゴールドバーグ氏は述べた。

この1月号に続き、ナショナル・ジオグラフィック誌は2月に「ジェンダー革命:ケイティ・クーリックと探る」という2時間ドキュメンタリー番組を放送する。制作に携わったジャーナリストのクーリック氏は「ジェンダーに関して知りたかったけれど、誰にも聞けなかったことに迫る」と述べている。

ハフィントンポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼ナショナルジオグラフィックの旅行写真コンテスト(画像集)▼

ナショナルジオグラフィックの旅行写真コンテスト


※画像集が表示されない場合は→こちら