NEWS

安倍首相の前に現職首相3人が真珠湾を訪問していた、外務省が確認

2016年12月26日 18時51分 JST | 更新 2016年12月26日 18時51分 JST
Toru Hanai / Reuters
U.S. President Barack Obama (L) talks with Japanese Prime Minister Shinzo Abe on Ujibashi bridge as they visit Ise Grand Shrine in Ise, Mie prefecture, Japan, May 26, 2016, ahead of the first session of the G7 summit meetings. REUTERS/Toru Hanai

安倍晋三首相は12月27日(日本時間28日)にアメリカのオバマ大統領とともに、ハワイ・真珠湾のアリゾナ記念館を訪問する

菅義偉官房長官は12月26日の記者会見で、ハワイ・真珠湾を訪問した過去の現職の内閣総理大臣として、鳩山一郎元首相が1956年に、岸信介元首相が1957年に、それぞれ真珠湾に面した米太平洋軍司令部を訪問していたと発表した。当時の資料などをもとに外務省が確認したという。

1951年には吉田茂元首相が同じ場所を訪問しており、これで過去には3人の現職首相が真珠湾を訪れていたことが公式に確認された。一方で、アリゾナ記念館ができたのは1962年。この記念館を訪問して慰霊を行うのは、安倍首相が初めてとなる。

菅官房長官は記者会見で「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならないという決意を未来に向けて示すと同時に、日米の和解の価値を発信する機会にしたい」と話した。

現地の邦字紙「ハワイ報知」は22日、Facebook上に当時の同紙など地元紙面を掲載した。約60年前の紙面には「鳩山首相きのう真珠湾を訪問」「岸総理、真珠湾答礼」の見出しとともに、写真も掲載されている。

▼真珠湾攻撃の画像集が開きます▼

真珠湾攻撃の画像集