NEWS

トランプ氏、不確かな個人情報を報じたメディアを批判「お前は偽ニュースだ」

2017年01月12日 17時37分 JST
Xinhua News Agency via Getty Images
NEW YORK, Jan. 11, 2017 -- U.S. President-elect Donald Trump speaks during a news conference in New York, the United States, on Jan. 11, 2017. U.S. President-elect Donald Trump met the press Wednesday for the first news conference since the election. (Xinhua/Gary Hershorn via Getty Images)

アメリカのドナルド・トランプ次期大統領は1月11日、ニューヨークのトランプタワーで約6カ月ぶりとなる記者会見に臨み、ロシアの情報機関が、トランプ氏の性的スキャンダルを含む個人情報をつかんでいるという裏付けのない報道がされたことについて、「偽ニュース」だと繰り返し非難した。

この報道は、「不名誉な」個人情報や財産情報を入手した、イギリスの元情報機関職員がロシア側の主張を把握し、35ページのメモにまとめたというもの。これに基づいてアメリカの情報機関が2ページの報告書を作成し、機密扱いとしたという。このメモには、トランプ氏の陣営が選挙中にロシア政府の仲介者と継続的にやりとりをしていた疑惑についても記載されているという。

CNNが10日、「ロシアがトランプ氏の個人情報や財務情報を入手していた」ことを情報機関首脳がトランプ氏に報告したと報じた。また、BuzzFeedはメモの全文を公開した。メモの中には、性的なスキャンダルを指摘する内容も含まれており、報道機関に出回っていたものの、未確認の部分が残る内容だったためにこれまで公開されていなかったものだった。

トランプ氏は、その主張を公開しなかった報道機関に感謝する一方で、メモについて報じたBuzzFeedを「欠陥のあるクズ情報の寄せ集め」だと批判した。また、CNNのジム・アコスタ記者の質問は拒否した。何度も質問を受けるよう求めるアコスタ記者に向かって「お前はダメだ。お前の組織はひどい。黙れ。あっちの人が質問しているんだ。礼儀をわきまえろ。お前には質問させない。お前は偽ニュースだ」と言い放った。

次期ホワイトハウス報道官のショーン・スパイサー氏は会見の冒頭、トランプ氏とバラク・オバマ大統領に提出されたとみられる報告を読者に提供しようとしたとして、BuzzFeed編集長ベン・スミス氏の決定を非難した。

「率直に言って、乱暴でとても無責任だ。左翼のブログで、トランプ氏の就任式の直前にとても猥褻で完全に虚偽の情報をネットに流し、次期大統領の運動に公然と敵意を示した」と、スパイサー氏は語った。

スパイサー次期報道官は、BuzzFeedとCNNの報道は「自分たちに注目を集めて金儲けをしようという、嘆かわしく愚かしいたくらみ」が動機だったと批判した。

マイク・ペンス次期副大統領も会見でメディアを批判したが、特定のメディアを名指しするのは避けた。

「少数のメディアが、誤りで裏付けの取れていないニュースを流したのは、無責任極まりない。ほとんどのメディアはこの偽ニュースを広めたいという下心を抑えたというのに。偽ニュースが出たのは偏向報道としか言いようがない。次期大統領と私を含む次期政権の評判を貶めようという企てだ。さらに言うと、アメリカ国民が偏向報道には、もううんざりしている」と、ペンス氏は述べた。

「偽ニュース」という言葉は、もともとSNSやネット上で流されたトランプ氏の大統領当選を応援するための、恣意的に歪曲された情報を指して使われていたものだ。トランプ支持者や保守系政治評論家の中には、正統なメディア報道の中で、自分たちが不正確ないし不公平と見なす報道の信用を落とすために「偽ニュース」という言葉を利用するようになっている。

CNNとBuzzFeedの報道姿勢、そして両者の報道で明らかにされた内容は、全く異なっていた。CNNはトランプ氏がこの疑惑に関して説明を受けたと報じたが、裏付けのない詳細情報を発表することを控えていた。

BuzzFeedは、刺激的で卑猥な疑惑が書かれた、内容が検証されていないメモの全文を公開した。BuzzFeedの報道姿勢は、報道関係者としての規範を逸脱するもので、報道機関内で物議を醸すものとなっており、著名な報道関係者の間でも、この姿勢に擁護批判の両論がある。

記者会見の直後、CNNの司会者ジェイク・タッパー氏は、トランプ氏と政権移行チームが、この2つの報道機関の行動を一緒くたにしていると述べ、自分たちCNNの報道とBuzzFeedの報道姿勢の違いを説明した。またBuzzFeedを、「無責任なジャーナリズムだ」だと語った。

CNNの広報担当者は声明を発表し、「政権運営に関して情報源を慎重に吟味して報道する姿勢は、裏付けのないメモを公表するBuzzFeedの報道姿勢とは、全く異なっている」と述べていた。

「トランプ氏たちはこのことを知っています」と、CNNの広報担当者は続けた。「彼らはBuzzFeedの決断を利用して、CNNの報道から注意をそらそうとしている。CNNの報道は主要なメディアと比べても見劣りしない。私たちは自社の報道に完全に自信を持っている。CNNの報道は、アメリカ憲法修正第1条(報道の自由を含む)が保護している内容そのものであり、政府の内情を国民に伝えている。今回のケースは、オバマ大統領とトランプ次期大統領のために用意された報告書だ。CNNでは、この35ページの書類の詳細を一切公開しないことを表明した。報告書の真偽確認がまだ取れていないからだ。政権移行中のトランプ氏たちが大々的に私たちの報道を批判しているが、彼らには、具体的に私たちの報道のどこに問題があるのか、明確に指摘してもらいたい」

CNNの批判を受けて、BuzzFeed編集長のベン・スミス氏は、ハフィントンポストUS版に対して、「私たちは、反目しあってメディアを分裂させようとする企てに参加するつもりはありません。私たちは、ニュースに値する文書を公表するという決定を支持します」と語った。

アコスタ記者によると、記者会見後、CNNの人間が再びトランプ氏に強く発言を求めたら、アコスタ記者を追い出すとスパイサー氏に脅されたという。スパイサー氏は2016年12月、10社あまりの報道機関をブラックリストに載せているという懸念に対し、「トランプ政権は記者を記者会見室から追い出すことはしない」と述べている

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

トランプ次期大統領、大統領選後初の会見

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

トランプ氏、大統領職はビジネスの「利益相反」に該当しないと主張
トランプ次期大統領初の記者会見で何を語った?ロシアのサイバー攻撃を認める

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png