puchin

ウクライナ侵攻に関して「戦争はどちらも悪い」とする主張の問題点を国際政治学者が指摘。2万件を超える「いいね」が付いています(2022年上半期回顧)
「スラップ訴訟」は世界の富豪や有力者に乱用されやすく、言論の自由が奪われる懸念は、これまでにも報道機関などから指摘されていました。
ロシアのラブロフ外相の発言を巡って、イスラエルのラピド外相が「ユダヤ人に対する最低レベルの人種差別」などと激しく非難していました。
J.K.ローリングさんはここ数年、トランスジェンダーを否定するような発言で批判されてきた
文章が指摘する内容は、中国政府の公式見解とは異なる。中国のインフルエンサーは「アメリカと手を組み、ロシアを捨て、西側に跪くよう主張した」と批判している。
現時点での制裁などの対抗措置について、岸田首相は「国際社会の連携は大事にしながら日本としても具体的な判断をしていく」と話した。
独立承認の対象となった2地域に対し、米国人との投資や貿易などの取引を禁じるものだといいます。
男性は現在、難民認定を申請し、ロシア以外の国で暮らすことを求めている。
協議では、二国間の将来の軍備管理のあり方や危険を縮小する方策をさぐる。