nisenyusu

市には世界中から問い合わせが殺到し、公式サイトに否定する文を掲載
投資家のクリシュナ・バラットさんが、「フェイクニュースをリアルタイムで検知するには」と題した投稿をしたことが、話題を呼んでいる。
EUはフェイクニュースを深刻な脅威と考えている。
ル・モンド、ジャン=ギヨーム・サンティ氏「疑わしい情報に出くわした場合の反射神経がよくなるようにオーディエンスを教育するのだ」
「SNS運営企業のユーザー報告対応に関し、拘束力のある基準を設け、違法な投稿の削除を義務付けるものだ」
欧米ではインターネット上の偽ニュース対策が始まっているが、日本では初めての本格的な動きだ。
「私は憲法修正第1条を愛している」
英国の公共TV放送局チャンネル4(Channel 4)が行った最近の調査で、記事の真偽を見出しから正しく判断できた人の割合は、わずか4%だった。
「ドイツで何が起きたのか見ただろう。昨夜、スウェーデンで何が起きたのか見ただろう」
「改訂版」には、ABCとCBSが追加された。