Huffpost Japan

トイレの操作ボタン、分かりやすく統一 外国人の利用快適に

投稿日: 更新:
印刷

訪日外国人観光客にトイレを快適に使ってもらおうと、日本レストルーム工業会は1月17日、温水洗浄便座の操作ボタンである絵表記(ピクトグラム)について、8つの統一デザインを作成したと発表した。これまで各メーカーがそれぞれの表記を使っていたが、機能が分かりづらいと外国人が利用を敬遠していた。統一表記は使用義務はないが、2017年4月以降の新製品から順次採用される見通し。

日本レストルーム工業会によると、統一表記は、「ふたの開閉」、「便座の開閉」、「便座洗浄(大)」、「便座洗浄(小)」、「おしり洗浄」、「ビデ洗浄」、「乾燥」、「止める」-の8種類。同会に加盟する各メーカー9社で共通する機能にしぼった上、日本人や外国人を対象としたWebアンケートの結果を踏まえ、日本語が読めない人に向けた「直感的な分かりやすさ」を考慮して新しいデザインを決めた。

toilet

各メーカーは現在、それぞれ10前後の表記を使用。「おしり洗浄」の表記一つをとっても、水流のみ、おしりと水流、横向きの人と水流、ノズルのみ-といったように、さまざまなデザインを採用している。大手トイレメーカーTOTOが2014年、外国人600人を対象に行ったトイレに関するアンケートでは、4割以上が「さまざまな操作ボタンの役割が分からなかった」と回答。メーカーごとに表記が違うため、外国人が使いづらいと感じていることが分かった。

アメリカ、イギリス、シンガポール3カ国の計330人を対象に、日本レストルーム工業会が実施した調査でも、日本の温水洗浄便座を知っていると回答した人は7割に上る一方、実際に利用したと答えたのは数%にとどまった。今回の統一表記の作成により、担当者は「外国人の方に使ってもらう一つのきっかけになれば良い」と期待している。


■関連画像集「世界のすごいトイレたち」

Close
世界のすごいトイレたち(画像)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら