Huffpost Japan

「チーバくん」のTwitterが半端なく千葉すぎる 南極の話も強引に千葉の話題に

投稿日: 更新:
CHIBAKUN
全国発売されたムック本をアピールするチーバくん=2014年6月23日、千葉県庁 | 時事通信社
印刷

千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」が、どんな話題も県の紹介につなげてしまうPR力の高さを公式Twitter上で披露している。

チーバくんは毎日、「今日は◯◯の日だよ」とつぶやき、記念日の由来や詳細を紹介。その流れの中で千葉県の話題につなげ、特産物や観光地などをPRする。記念日の話題からたちまち千葉県のPRにつなげる巧みな話術には、思わず感心してしまう。

どんなツイートなのか、いくつか見てみよう。

2月12日には、「レトルトカレーの日だよ」とつぶやき、「最近は手軽なものから本格的なものもあるよね!!」と前置きした上で、「千葉県のご当地カレーといえば、「サバカレーやサザエカレー、びわカレーがあるよ!!」と、県の特産物を使ったカレーを紹介した。

2月8日は「郵便マークの日」という話題から、「九十九里町の海の駅九十九里には青い丸型の郵便ポストがあるよ!」とツイート。「旅の記念や大事な人へのお手紙に使ってみてね♪」と呼び掛けた。

一見千葉県とは直接関係がなさそうな記念日でも、チーバくんにかかればたちまち千葉の話に引き込んでしまう。

2月4日には、「西の日だよ。に(2)し(4)の語呂合わせなんだって」と名前の由来を紹介。「千葉県の西端はどこかって?富津市の第二海堡(だいにかいほ)は国有地だよ」と、県のPRを忘れなかった。

中には、少し強引なのでは?と思うツイートも。

南極に昭和基地が開設された1月29日には、「最低気温は北極がマイナス71度、南極はマイナス89.2度で、北海道・旭川のマイナス41.0度の2倍も寒い」と豊富な知識を披露した後で、「最近、南極大陸の氷に亀裂ができて、千葉県ぐらいの大きさの巨大な氷山ができるかもっていうニュースがあったよね」と結んでいた。

こうしたチーバくんの個性的なツイートに対して、「チーバくんのツイート豆知識が多くて、読んでて楽しい」「いつもツイッターから元気をもらっている」と歓迎する声が上がっている。一方で、「オタクみたいなツイートをしている」「チーバくんTwitter芸人化が激しい」と心配する人もいた。


■関連画像集「2014年「ゆるキャラGP」トップ10」

Close
2014年「ゆるキャラGP」トップ10
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら