ビールジョッキ、よく見たら取っ手の反対側にロゴ なぜ?

投稿日: 更新:
印刷

突然ですが…

居酒屋などで使われるビールジョッキ(ビアジョッキ)で、ロゴが取っ手の正反対の位置に描かれているものを見たことある?

beer mag

マグカップなどでは、取っ手から90度の位置にロゴがプリントされているものが多いよね。でも、なぜかビールジョッキは取っ手の正反対の位置にあるものがあったりする…

なぜだ?

アサヒビールに電話すると、広報担当者は2つの考え方があると教えてくれた。

1.乾杯のときに目立つため。

「乾杯の際に、ロゴを目にしていただくことで、ブランド訴求につながります」と担当者。

beer japan

うん、うん、目立ってるよ。

2.大好きだから。

「大切なロゴに、口をつけるのがはばかられるとの考えかたがありました」。

beer

担当者によると、アサヒビールの業務用のビールジョッキは、全て取っ手から180度の位置にロゴを印刷するようにしているんだって。
一方で、同社のハイボール用ジョッキのロゴは、90度の位置に描かれている。

beer mug japan sapporo

さあ、ビールジョッキを確認だ。


▼「ビールを楽しむ美女たち」画像集が開きます▼

Close
ビールを楽しむ美女たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

【フリーランスの「保活」イベント3月1日開催】
ハフィントンポストでは、多様な働き方・預け方について考えるイベントを開催します。フリーランスで働く方、保活に苦労している方、フリーランスの仕事に興味がある方もぜひお越しください。詳細は下記から、またはこちらのページからご確認ください。ご参加を心よりお待ちしています。