「1000人のロシア人、金で雇われ偽ニュース拡散」アメリカ上院に報告書

投稿日: 更新:
印刷

アメリカ上院情報委員会は3月30日、ロシア政府が少なくとも1000人のインターネット・トロール(ネット荒らし)を雇い、大統領選挙中に、民主党大統領候補だったヒラリー・クリントン氏にとって不利になる虚偽のニュースを拡散させたという報告書を受け取った。

上院特別情報委員会のマーク・ウォーナー上院議員(民主党)は3月29日、公聴会前の記者会見を開いた。会見には、上院特別情報委員会のリチャード・バー委員長(共和党、上院議員)も同席した。

ウォーナー上院議員は会見で、以下のように語った。「私が懸念しているのは、1000人を超えるトロールが存在し、ロシアの組織から外へ向けて活動し、当時「ボットネット」(コンピュータウイルスの一種である、自動化プログラムに感染したパソコンやサーバーで構築されたネットワーク)と言われていた一連のシステムを、実際に乗っ取っていたという報告です。このボットネットでは、特定のエリアでニュースを作り出すことが可能でした」

この報告は、3月にハフィントンポストUS版が調査した結果も反映している。クリントン氏と民主党候補を争ったバーニー・サンダース上院議員(無所属)が選挙期間中、大量のフェイクニュース攻撃を受けている。

ウォーナー氏は、「雇われたトロールが明らかに激戦州を集中的に狙ってフェイクニュースを流し、投票に影響を与えようとしていたことが判明した」と指摘した。「ウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルベニア州では、選挙戦終盤に入った頃、有権者は『クリントンは病気だ』とか、『クリントンは誰々から何かのためにお金をもらっている』などといったフェイクニュースを読んでいました」

ウォーナー氏は、選挙結果に実際に影響があったのかどうかを調べる必要があると言った。この3つの州は、僅差でトランプが勝利した。

「外国の敵対者が、大統領選挙という最も重要な民主的プロセスを効果的にハイジャックしようとしました。その過程で、1人の候補者の方をもう1人の候補者よりも贔屓しようと決めたのです」と、ウォーナー氏は言った。

バー氏は、ウォーナー氏と共にロシアの選挙戦干渉疑惑の核心に迫ろうと全力を注いでいると言った。バー氏は、ロシアが今秋のドイツ総選挙や春のフランス大統領選に干渉しようとしていることを非難した。「こうした現実を世界全体に知らしめることが、我が国の責任の一部であると感じています」と、バー氏は語った。

3月30日の公聴会では、1000人のトロールについて証言はなかった。しかし調査は始まったばかりだ。

元FBI捜査官で現在は外交政策研究所の研究員クリント・ワッツ氏によると、ロシアの選挙戦干渉の計画は、共和・民主両党の候補者が選ばれる前から始まっていたと証言した。共和党候補の座をトランプ氏と争ったマルコ・ルビオ氏(共和党)も標的となっていた、とワッツ氏は語った

「2015年の終わりから2016年のはじめにかけて、ロシアの影響を受けたシステムが発信し始め、選挙戦の結果に影響を与えようとしていた」とワッツ氏は語った。

「ロシアのあからさまなメディアとネット荒らしの一団は、両党からクレムリン(ロシア大統領府)と敵対する考えを持つ政治的志向の対抗候補者を追いやろうとしていました」と、ワッツ氏は付け加えた。「共和党と民主党の予備選の時期には盛んに活動していて、候補者が絞られてくる前からロシアの害になるとみなした候補者の希望を断っていた」

ワッツ氏は、ロシアがルビオ氏を標的にしたことについては、自身が委員会に提出した報告書に詳しく書かれていると言った。

また、トランプ氏が、自分と対抗する候補者に対してロシアが干渉するために使っていたネタを取り入れ、フェイクニュースの拡散の手助けをしたとも証言した

ワッツ氏は上院特別情報委員会に対して、クレムリンのフェイクニュースに関与した数人のロシア人がここ数カ月の間に死亡していることに言及し、詳しい情報を得るには「遺体の行方を追跡するように」と言った。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は30日、クレムリンのアメリカ大統領選挙介入疑惑を、「フィクションで架空の挑発行為で事実無根だ」と否定した

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集「トランプ政権の100日間」が開きます

Close
トランプ政権の100日間
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png