浅田真央が現役引退 「人生の中の1つの通過点」

投稿日: 更新:
MAO ASADA
浅田真央(2016年04月02日撮影、アメリカ・ボストン) | 時事通信社
印刷

フィギュアスケート女子のバンクーバー・オリンピック銀メダルの浅田真央(26、中京大)が4月10日、自身のブログで現役引退を表明した。

浅田は「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」と報告。「去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」と述べた

さらに、「このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を綴った。

2大会連続出場したソチ・オリンピックで6位に終わり、約1年の休養を経て昨季に復帰したが、今季は全日本選手権で自己最低の12位に終わるなど、かつての輝きを取り戻すことができなかった


▼画像集が開きます▼
Close
浅田真央 12歳からの画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事浅田真央、来季の思いを語る 「そういう思いは、あります」 【フィギュア世界選手権】

浅田真央9位、宮原知子6位、フィギュア世界選手権SP(画像集)