東飯能駅で「手榴弾のような物」計4個発見 爆発物処理班が確認作業(UPDATE)

投稿日: 更新:
印刷
spinner

5月25日午前7時25分ごろ、埼玉県飯能市のJR八高線・東飯能駅で「手榴弾みたいなものが落ちているのを乗客が見つけた」と駅員から110番通報があった。NHKニュースなどが報じた。

JR東日本八王子支社の広報担当者は「午前7時20分ごろ、70代の男性利用者が近くで不審な物を見つけたとして駅員に届け出た」と、ハフポスト日本版に話した。朝日新聞デジタルでは埼玉県警飯能署からの情報として、不審物は長さ30cmほどの茶色の筒状で2本あったと報じている。

JR東飯能駅と、隣接する西武鉄道の東飯能駅は、いずれも午前8時ごろから約2時間封鎖され、計250人の利用者と駅員が避難した。この影響でJR八高線と西武鉄道・池袋線が約2時間、区間運休した。計5000人の足に影響が出た。

NHKニュースによると、県警の爆発物処理班が出動。市内の公園に不審物を移動させて爆発物かどうか確認作業を進めているという。

県警の広報担当者は「緊急を要する案件ではないため報道発表をしていない。そのため詳細については答えられない」とハフポスト日本版にコメントしている。

【UPDATE】NHKニュースによると、東飯能駅近くの植え込みで、午前10時20分すぎ、付近を捜索していた警察官が手りゅう弾のような不審物を新たに2つ相次いで見つけた。1つはパイナップルのような形で、1つは筒状の形をしているということで、警察はこれらの不審物も公園に移し、確認作業を進めているという。(2017/05/25 13:54)

【UPDATE2】続報を掲載しました。東飯能駅の「手榴弾」レプリカだった。機動隊が出動、計250人が一時避難(2017/05/25 18:37)


■東飯能駅、市内の公園の利用者らのツイート


■関連スライドショー(北海道の駅)

Close
JR北海道 駅ギャラリー
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


(※開かない場合は、こちらへ)