本田圭祐、シリア戦後に社会派ツイート「既得権益なんですかね?」

投稿日: 更新:
印刷

サッカー日本代表の本田圭佑(30)が6月7日、シリア戦後に自身のTwitterを更新、「受動喫煙防止法案」に関する社会派ツイートを投稿した。

日本代表はシリア戦で1-1の引き分けに終わった。本田は後半開始から出場し、右MFとインサイドハーフで攻撃に変化を与えていた。

試合後、政府・与党が「受動喫煙防止法案」の今国会での成立を見送る方針を固めた動画ニュースのリンクを貼り付けた上で「既得権益なんですかね?」などと以下のように持論を展開していた。

この発言を受けて、Twitter上では、「本田選手、サッカーの試合から受動喫煙への恐ろしいまでの切り替えの速さ…!」「伸び代ですね」「試合の後にすごい」など、本田の切り替えの早さを指摘する声が相次いだ。

一方で、「受動喫煙防止法が見送られたのは本当に残念です」「本田さんのような人がこういう発言してくれると、世の中動きます」「スポーツ選手みんなで声をあげてほしいです」などの声も寄せられた。

■受動喫煙対策、法案提出先送りへ

他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙をめぐり、政府・与党は5日、今国会での成立を断念した。例外的に喫煙を認める飲食店の線引きをめぐり、厚生労働省と自民党が折り合える見通しが立たなかった。

厚労省は、床面積30平方メートル以下のバーやスナック以外は原則屋内禁煙で、喫煙には専用室の設置を必要とする法案を作成していた。

一方、自民党は党内の反発を考慮して、すべての飲食店を対象に、一定規模以下の店では「喫煙」「分煙」と表示した上で未成年者の立ち入り禁止などの条件を満たせば、飲食店の業態に関係なく喫煙可能とする対案を出していた。

■本田、自殺をめぐるツイートは「言葉足らず」と反省

本田は、受動喫煙防止法案のツイートの前にも、若者の自殺について意見を投稿している。

5月30日には、若者世代の自殺数の増加を「他人のせいにするな!政治のせいにするな!!」などとTwitterに投稿。これに対して、「持てる者が持たざる者を無自覚に追い詰める社会があり、本田圭佑のこの発言はその縮図」といった批判が上がるなど物議を醸していた

これを受けて公式サイトに4日、「本田圭佑メッセージ『共有したい想い』」と題した記事を掲載。「言葉足らずで本意が伝わっていないのと、繊細な内容であるのに配慮に欠けた部分があると自覚し反省」などとコメントした。

本田自身は「正直言って自殺を考えるくらい深く悩んでいる人の気持ちはわかりません」と明かしながらも、「本気で、そういう人達に自ら生きようと思ってもらえないものかと感情移入しているのも事実」と自らの心情を説明していた。
関連記事

本田圭佑、若者自殺に「他人のせいにするな!」⇒ ネット上で物議「他人のせいにできないから...」