クジラックスさん「警察の圧力に屈したわけではない」 成年漫画の表現自粛の報道を受けて発言

投稿日: 更新:
GEIGERB
クジラックスさんの同人誌「がいがぁかうんたぁ」より | kujirax
印刷

成年向け漫画家のクジラックスさんが6月15日、公式Twitterに「警察の圧力に屈したわけではない」という趣旨の投稿をした。クジラックスさんと見られる漫画家が、埼玉県警の要請を受けて「少女が性的被害に遭うような漫画は今後描かない」と述べたという毎日新聞の報道を受けて、釈明した格好だ。


■同人誌を模倣して犯行に及んだと供述

埼玉県警によると、強制わいせつと住居侵入の疑いで6月12日、草加市内の無職の男(35)が再逮捕された。男は2016年1月8日、草加市内の民家に「世の中の放射能を調べる調査をしたいから入っていいですか」などと言って侵入。10代女性に対し「身体検査をするね」「死にたくなければ声を出さないで」などと脅して身体を触った疑いがもたれている

捜査関係者の情報として埼玉新聞が報じたところによると、男は「性的欲求を満たしたかった」などと容疑を認めており、東京都内の男性漫画家が描いた成年向け同人誌を模倣して犯行に及んだという。

毎日新聞は6月14日、埼玉県警がこの作品を描いた漫画家を訪ねて、作品内容が模倣されないような配慮と、作中の行為が犯罪に当たると注意喚起を促すことなどを要請。漫画家は「少女が性的被害に遭うような漫画は今後描かない」と了承したと報じた。これに対して「表現の自由を制限するものでは?」と警戒する声が上がっていた。


■「こんな事件2度と起こらなければいいのに、という気持ちは同じ」

各社の報道では、漫画家の名前は出ていなかったが、該当する同人誌は、クジラックスさんが2013年に発行した成年向け同人誌「がいがぁかうんたぁ」ではないかと推測する声が出ていた。「がいがぁかうんたぁ」は留守番をしていた女子小学生の元に訪ねてきた男が、「放射能レベルの一斉検査」をするという名目で家に上がり込み、少女を鈍器で殴った上、カッターで脅してわいせつな行為をするというものだった。

クジラックスさんは埼玉県警の訪問を受けたことと、「がいがぁかうんたぁ」を模倣したと容疑者が供述していることを明かした上で、15日に以下のような一連のツイートをした。「表現の自由が脅かされた」とか「警察の圧力に屈した」ということではなく、容疑者の供述を受けて類似の作品を「描く気にならないと思う」と述べたと説明した。

その上で、警察も自分も「『こんな事件2度と起こらなければいいのに』という気持ちは同じ」と述べた。


■クジラックスさんの一連のツイート


■クジラックスさんとは?

茜新社「コミック RiN」2008年10月号にて「まなでし!」でデビュー

2011年に同社の「COMIC LO」で発表した短編「ろりともだち」を、批評家の東浩紀さんが「全体は小学生レイプもので良識的に絶対に許されるものではない」としつつも「非モテ若者におけるホモセクシュアリティとロリコン的被虐欲望の関係を驚くほど正確に抉り出している」と称賛したことで話題になった。

以降も、成年向け漫画誌や同人誌を舞台に少女を題材にした漫画を発表。社会的なタブーや暗部を題材にすることで定評がある。2012年には初単行本「ろりとぼくらの。」が出ている。