意に反してスティグマを押し付けられる被害は可能な限り未然に防ぐべきであり、既に発生してしまったスティグマの被害には十分な対処が必要だ。