意に反してスティグマを押し付けられる被害は可能な限り未然に防ぐべきであり、既に発生してしまったスティグマの被害には十分な対処が必要だ。
成年向け漫画家のクジラックスさんが6月15日、公式Twitterに「警察の圧力に屈したわけではない」という趣旨の投稿をした。クジラックスさんと見られる漫画家が、埼玉県警の要請を受けて「少女が性的被害に遭うような漫画は今後描かない」と述べたという毎日新聞の報道を受けて、釈明した格好だ。