NEWS

イチローがMLB記録、監督は「40代にみえない動き」と賞賛 センターで最年長スタメン

2017年06月25日 23時34分 JST | 更新 2017年06月25日 23時34分 JST

ichiro

アメリカ大リーグ(MLB)マーリンズのイチローが6月25日、カブス戦に1番でスタメン出場し、センターとして先発出場した選手の最年長記録を更新した。43歳246日目だった。

MLB公式サイトによると、これまでの最年長記録は、殿堂入りしているリッキー・ヘンダーソンが2002年にレッドソックスで打ち立てた43歳211日だ。

マリナーズのドン・マッティングリー監督は、この日のスターティングラインナップをつくるとき、この記録について知らなかった。そのため、記録を聞いて「本当に?」と驚いたという。

「イチローのプレイは40代のようではなかった。よく走り、良く投げ、40代のようには見えなかったよ」と、マッティングリー監督はイチローを賞賛した。

この日の成績は、4打数無安打だったが、相手のエラーで出塁。俊敏な走りでホームに戻り、チームに1点をもたらした。この時の動画は、MLB公式YouTubeなどで確認できる。マーリンズは4―2で勝利した。


▼「イチローの個性的なTシャツ」画像集が開きます▼

イチローの個性的なTシャツ


【※】スライドショーが表示されない場合は、こちら

【関連記事】
ichiro
イチロー3000本安打達成 大リーグ史上最速タイ 野球殿堂入り確実に