NEWS

パキスタンの村評議会が、少女への「リベンジレイプ」を指示

2017年07月27日 14時27分 JST
SS MIRZA via Getty Images
This photograph taken on July 26, 2017, shows a view of a room where a Pakistani teenage girl was raped in the neighbourhood of Raja Ram in Muzaffarabad, a suburb of the central city of Multan. Fourteen members of a Pakistani village council have been arrested for ordering the rape of a teenage girl as punishment for a rape committed by her brother, police said. / AFP PHOTO / SS MIRZA (Photo credit should read SS MIRZA/AFP/Getty Images)

パキスタンのある村の評議員10人以上が、16歳少女への「リベンジレイプ」を指示したとして逮捕された。この少女の兄が、12歳の少女をレイプしたことへの復讐だという。7月26日、AFP通信などが報じた。

事件が起こったのは、同国ムルタン市郊外のムザファラバード。現地紙のDAWNによると、次のような時系列で事件は起きた。

・7月16日:草刈りをしていた12歳の少女がレイプされた。

・12歳少女の親族から、評議会に訴えが出される。

・7月18日:少なくとも40人の男性が評議会に集まる。評議会は12歳の少女をレイプした男の姉妹を、リベンジレイプするよう指示を出す。

BBCは、16歳少女へのレイプは、彼女の両親らの前で行われたと伝えた。この事件で、警察は少なくとも評議会の関係者14人を逮捕した。12歳の少女をレイプした男は逃亡中だという。

パキスタンの農村部などには、「ジルガ」と呼ばれる伝統的な評議会が、村や部族の問題を解決するために審議をする地域がある。パキスタンの法律に則ったものではないが、このジルガによって、「リベンジレイプ」や家族や地域社会に不名誉を与えたと思われる人への「名誉殺人」などが行われることが度々発生している


▼「パキスタンの名誉殺人」画像集が開きます▼

パキスタンの名誉殺人


【※】スライドショーが表示されない場合は、こちら

【関連記事】
rape in asia pacific
6割の男性がレイプ認める国も:6カ国の国連調査