WORLD

怖すぎるハロウィンの飾り、大騒動を巻き起こす

悪趣味。

2017年09月28日 10時23分 JST | 更新 2017年09月28日 10時58分 JST

シンガポールで若者が集うショッピングセンターに、まるで首吊りをしているような女性の飾りが出現。「怖すぎる」と「自殺あおる」との苦情が殺到し、撤去される事態となった。

Someone got hung on this Friday morning.

Bryanさん(@bryankam)がシェアした投稿 -

この悪趣味な飾りが出現したのは、シンガポール中心部にある「*SCAPE」というビル。ネット上への投稿から話題が広がった。

有志団体は9月26日、このショッピングセンターの運営会社の会長であり青年協議会の代表者でもある、ディビッド・チュア氏に対して、「若者の自殺問題を矮小化させ、テスト期間中にストレスなどにさらされる若者を自殺に駆り立てる可能性もある」として撤去要請メールを送るようにと、Facebook上で呼びかけた。

シンガポールでは29歳以下の青少年の自殺率が年代別で最も高く、大きな問題になっている。

Channel NewsAsiaによると、この飾りは「*SCAPE」内で10月に開催予定のお化け屋敷イベントのプロモーション用だった。イベントの運営会社に対して既に撤去を指示したという。

ハロウィンの怖すぎる飾りは、アメリカのテネシー州でも騒動を巻き起こしている。

テネシー州で見つかったのは、ガレージのドア内に腹部を挟まれ、血を流して倒れているような人形。家主が設置したものだった。緊急通報をする人が殺到したため、保安官事務所が「通報は不要です」と呼びかけている。