ライフスタイル

「海の見える駅」北浜駅が地の果てすぎる。冬目前のオホーツク海を眺めたら…

家事とか仕事とか、どうでもよくなる

2017年11月02日 14時28分 JST | 更新 2017年11月02日 14時41分 JST

突然ですが、冬の本格到来を前にして、北海道・網走の"海の見える駅"、北浜駅の様子をお届けします。

Kaori Sasagawa
北浜駅の木造駅舎。駅舎内には喫茶「停車場」も

北海道道東部の釧路と網走を結ぶ全長約170キロの釧網本線。なかでもオホーツク海岸沿いを走る、知床斜里~網走間は車窓からの景色がたまりません。

↓ 北浜駅はココ!

北浜駅の先に広がるのは、オホーツク海。

Kaori Sasagawa

右を見ても、左を見ても、オホーツク海。

Kaori Sasagawa

午後2時半、穏やかな陽気ですが、風がすごい勢いで吹いています。

Kaori Sasagawa

Kaori Sasagawa
残念ながら知床連山はぼんやりとしか見えませんでした。

木造駅舎の中もたまりません。

Kaori Sasagawa

カラフルなベンチ。全国から訪れた鉄道ファンの名刺が壁一面に貼ってあります。

Kaori Sasagawa

青い琺瑯(ほうろう)の「北浜駅」も北海道ならでは。

Kaori Sasagawa

こんなところに来ると、正直なところ、仕事とか家事とか次の予定とかどうでもよくなって、広大な世界を感じたくなります。

「海の見える駅」の記事を書いたおかげで、久しぶりに鉄道旅がしたくなったのです。

ここはどこ? 徒歩0分の景勝地「海の見える駅」が素敵すぎる

たまには、ふらっと、思い切って、来てみるのもいいですね。

日々の喧騒から離れることができました。

.........

11月は、テレワーク月間。筆者は、北海道・斜里町が推進するテレワークにモニター参加しています。旅行者でもなく出身者でもない筆者が、東京のオフィスを離いて働くことで、どんな気づきが得られるでしょうか。その様子を随時レポートしてみます。