NEWS

「めちゃイケ」「とんねるずのみなさんのおかげでした」放送終了へ 20年以上の歴史に幕

フジテレビの関係者「局の復活のためには聖域なき改革が必要」

2017年11月03日 11時31分 JST | 更新 2017年11月06日 17時00分 JST

フジテレビの2大看板番組が、20年以上の歴史に幕を閉じることになった。

バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」と「めちゃ×2イケてるッ!」が2018年3月で放送を終了するとスポニチなどが報じた。

■約30年の歴史「みなさんのおかげでした」 LGBTの表現が問題になったことも

時事通信社
お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(左)と木梨憲武
​​​

「みなさんのおかげでした」は1988年に「とんねるずのみなさんのおかげです」としてレギュラー放送がスタート。木曜午後9時の長寿バラエティ番組として親しまれている。

9月28日放送の30周年スペシャルでは過去に登場したキャラクターの復活。石橋貴明が扮する「保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)」が、LGBT当事者を揶揄する表現として批判を受け、フジテレビが謝罪したこともあった。

■21年の歴史を持つ「めちゃイケ」 SMAPやEXILEのライブに参加する企画も人気

時事通信社
お笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之(左)と岡村隆史

一方、「めちゃ×2イケてるッ!」は1996年10月にスタート。土曜午後8時の定番となった。ナインティナイン、極楽とんぼ、よゐこなどを中心に、視聴率は20%を超え、2004年の特番では33.2%の最高視聴率をマークした

番組からは名物企画も誕生。ナイナイの岡村隆史がSMAPやEXILEのライブに参加するなどした「岡村オファーがきましたシリーズ」、極楽とんぼの加藤浩次の「爆裂お父さん」などが人気を集めたが、ここ数年は1桁台に低迷することが多かった

■フジテレビ社長が非常事態宣言

視聴率低下が深刻なフジテレビでは、6月に就任した宮内正喜新社長が「非常事態」を宣言。2018年4月、10月と大幅な改編を進めていく意向を示していた

同局の関係者は、看板番組2つを終了する苦渋の決断をした背景について、スポニチに以下のようにコメントした。

局の復活のためには聖域なき改革が必要

おすすめ記事

副業のメリット、デメリットは? ベンチャーで進む「副業推奨」の流れ[Sponsored]

入社後のミスマッチ防ぐ「ありのまま採用」とは? 知っておきたい3つの効果[Sponsored]