アート&カルチャー
2017年12月13日 11時59分 JST | 更新 2017年12月13日 12時02分 JST

年明け『君の名は。』が地上波初放送 元日深夜から「新海誠特集」テレ朝で4作品一挙放送

すべて"本編ノーカット版"

テレ朝で元日深夜から新海誠祭り 『君の名は。』地上波初放送を前に4作品一挙放送

テレビ朝日では、来年1月3日(後9:00)に新海誠監督の映画『君の名は。』(2016年)を地上波初放送(※全国ネット)するのに併せて、ほかの4つの新海監督作品を放送する。1月1日(深0:20~4:00※関東ローカル)に『秒速5センチメートル』(07年)、『星を追う子ども』(11年)、同2日(深1:05~4:00※関東ローカル)に『言の葉の庭』(13年)、『雲のむこう、約束の場所』(04年)。すべて"本編ノーカット版"となる。

 初の長編劇場アニメーションとして集団制作に挑み、『毎日映画コンクール・アニメーション映画賞』に輝いた『雲のむこう、約束の場所』、単館上映ながら異例のロングランを記録した連作短編アニメーション『秒速5センチメートル』、冒険ファンタジーに挑んだ意欲作『星を追う子ども』、"デジタル時代の映像文学"と評されるほど美しい映像が胸を打つ『言の葉の庭』。

 国立の美術館で、現役アニメーション監督の名を冠した初の展覧会として、東京・六本木の国立新美術館で開催されている『新海誠展』(~12月18日)も話題の新海監督。緻密で美しい風景描写、そして出会いとすれ違いによって揺れ動く男女の繊細な心情を完成度の高い物語にのせて鮮やかに描き出すことに定評がある。記録的大ヒットとなった最新作『君の名は。』につながる4作品を通して、監督の創作の軌跡を振り返る。

関連記事