NEWS
2017年12月31日 22時17分 JST | 更新 2017年12月31日 22時18分 JST

欅坂46・鈴本美愉、紅白歌合戦のステージ上で倒れる

内村光良とコラボした「不協和音」で、歌唱後にステージ上で倒れ込む姿が放送された。

欅坂46の公式サイトより
鈴本美愉

欅坂46鈴本美愉、ステージ上で倒れる

■『第68回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)

 欅坂46が総合司会の内村光良と「不協和音」をコラボした企画で、メンバーの鈴本美愉が歌唱後、ステージ上で後ろに倒れ込む姿が放送された。

 「不協和音」は最後に、欅坂46のロゴマークの三角形のフォーメーションを作るが、その中で鈴本が後ろに倒れ込んだ。センターの平手友梨奈もパフォーマンス中からふらつき、ダンス中に内村が「大丈夫?」と話しかけて平手がうなずく一幕も。平手は最後のポーズで手が小刻みに痙攣しており、SNSでは鈴本と平手の体調を心配する声であふれている。

【関連記事】