NEWS
2018年02月04日 16時49分 JST | 更新 2018年02月04日 16時49分 JST

関口宏、『サンデーモーニング』30年で初めて病欠 インフルエンザにかかる

「病欠は初めてです。丈夫だったんですけどね」

時事通信社
俳優の関口宏さん=2010年10月

関口宏『サンデーモーニング』30年で初の病欠 インフルエンザで休み

俳優の関口宏(74)が4日、インフルエンザのため、司会を務めるTBS系の情報番組『サンデーモーニング』(毎週日曜 前8:00)を欠席した。代役を務めた同局の松原耕二キャスターによると、関口の病欠は番組開始から30年で初めてだという。

冒頭、松原キャスターが関口とサブキャスターの伊藤友里(30)の欠席を報告。続けて松原キャスターが「この番組は30年続いていますが、関口さんが病欠っていうのは初めて?」と聞くと、橋谷能理子サブキャスターは「そうなんです。病欠は初めてです。丈夫だったんですけどね」と、関口の病欠が番組30年の歴史で初めてであることを明かした。

その後、松原キャスターは自らが代理で番組の進行役を務めると報告し「いつも通り最後まで見ていただければと思います」とあいさつした。

【関連記事】