ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

週刊ABROADERS Headshot

三度のソフトテニス日本一を経験した新卒男子が、内定辞退してカンボジアで働く理由。

投稿日: 更新:
印刷

2015-05-16-1431738023-4959520-abroaders2015051609.40.36.png

私は大学時代、体育会のソフトテニス部に所属し、ほとんどの時間をテニスコートで過ごしました。そんなスポーツ一筋の人生を歩んできた私がカンボジアで働くことになった理由をお伝えします。きっかけは、高校時代の親友からの一本の電話がきっかけでした。

新卒の春、内定辞退を決意

大学4年の春に内定をいただいた私は、その会社に就職することを疑うことなく、ラストシーズンへ向け日々競技に取り組んでいました。競技人生最後の試合が終わるころ、高校時代の親友から突然の連絡が。

「カンボジア来いよ! 」

もともとクレイジーだった親友ですが、今はカンボジアでコンサルティングの会社で働いており、とにかく面白いから来いと言われたのです。この時点での私のカンボジアに対するイメージは、発展途上国と地雷。働くことはおろか行くことすら考えられませんでした。 しかし、彼から毎週のように連絡が来るうちに、次第に興味がわいてきて、彼の話を真剣に聞くようになりました。そして、私は「苦労は買ってでもしたい。日本で働くことも大変だけれど、海外へ行けば文化も生活も違うため、もっと苦労できるのではないか。どんなに失敗して落ち込んだとしても、死ぬこと以外全部かすり傷」と考え2ヶ月後にはカンボジア行きを決心し、内定を辞退することを決めました。この時はまだカンボジアでの仕事は決まっていなかったのに、です。

できない理由はたくさんあるから、できる理由を探していこう

大学4年の3月初旬、親友の会社の求人に応募をし、面接していただくことに。

人生の半分以上をテニスコートで過ごして来た私にとって、面接でアピールできることは多くありませんでした。「やる気と体力だけはあります!」と伝えると、じゃあ一緒に頑張っていこう!カンボジアのGDPを上げにいこうぜ!という情熱的な社長のもとカンボジアへ行くことになったのです。英語を話せない私がカンボジアで事業を興していくことは、全く想像できないことでした。しかし、誰でも新しいことを始めるときは分からないもの。「やってもいないことを出来ないと決めつけてしまうのだけはやめよう。できない理由を見つけるのは簡単で、新しい世界でチャレンジするための心の準備として、できる理由を作ることにフォーカスしていこう」。そう決めました。

2015-05-16-1431738289-9984321-abroaders2015051609.52.02.png

カンボジア行きのミッション達成。いざカンボジアへ!!

私はカンボジア支社の立ち上げメンバー2名のうちのひとりとしてカンボジアへ行くことになっていましたが、出発前に日本で成功体験を積んで行こうという話になっていました。そこで社長から与えられたミッションが、 「本社直営の居酒屋への、お客様の呼び込みで歴代最高の記録を作ろう!」というもの。ここで結果を出せなければ、カンボジア行きの話は先延ばしにするとのことでした。初めての呼び込みで全くイメージができませんでしたが、とにかくそのゴールに向けて日々取り組んでいこうと決心しました。目標達成のため、1か月必死にひたすら外でお客様への呼び込みをする日々。この期間は私の人生を大きく変える激動の1ヶ月間でした。結果、月末にカンボジア行きのミッションをぎりぎり達成!難しいと思っていた目標に対し本気で取り組み、達成したときの感動と喜びは今でも忘れられません。私はこの成功体験から、想像できないことでもいざやり始めて腹を括って取り組めば、できないことなんてないのだと学びました。そして、同時に自分の可能性が大きく広がったとも感じました。大切なのは「できる」「できない」ではなく、「やる」か「やらないか」。目標を達成して社長から「よくやった!おめでとう!3日後に出発しよう!」と言われました。あれは2013年5月3日のことでした。

日本からほとんど出たことの無かった私が遂にカンボジアへ発つ日が来ました。初めての海外生活の始まりでしたが、不安は全くなく、想像もできない海外生活に期待でとてもわくわくしていました。自分のことを誰も知らないうえに、言葉すら通じない世界への挑戦で全てが新鮮。ここから私の第2の人生が幕を開けたのです。

<著者プロフィール>
荻原 雅斗(おぎわら・まさと)
Global Grow Cambodia Co.,Ltd. 代表

ソフトテニスを12年間続け、日本一を三度獲得し、現在はカンボジアソフトテニスナショナルチームの専属コーチとして活動中。大学卒業前に日本での内定を断り、大学卒業後カンボジアへ渡り日本食屋とBARを経営。現在はカンボジア・プノンペンでGlowbal Grow Cambodiaの代表を務め、カンボジア報道ニュースサイトThmeyThmeyJAPANの運営・企画・営業を行なっている。

2015-05-16-1431738338-789227-abroaders2015051609.41.07.png


週刊ABROADERSは、アジアで働きたい日本人のためのリアル情報サイトです。海外でいつか働いてみたいけど、現地の暮らしは一体どうなるのだろう?」という疑問に対し、現地情報や住んでいる人の声を発信します。そのことによって、アジアで働きたい日本人の背中を押し、「アジアで働く」という生き方の選択肢を増やすことを目指しています。

HP: 週刊ABROADERS
Facebook:ABROADERS

他のサイトの関連記事

カンボジア王国 | 外務省 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

在日本国カンボジア王国観光省

在カンボジア日本国大使館

在日本カンボジア王国大使館 Royal Embassy of Cambodia in Japan ...

カンボジア | アジア - 国・地域別に見る - ジェトロ - 日本貿易振興機構

カンボジア、借款支援で道路建設へ