BLOG

富士重工業、社名をSUBARUに変更「『価値を提供するブランド』として生きていく」

2017年04月01日 14時58分 JST | 更新 2017年04月01日 14時58分 JST

2017-04-01-1491018526-8138510-DSC04157.JPG

富士重工業は、2017年4月1日付で、社名を「株式会社SUBARU」(英文表記:SUBARU CORPORATION)に変更する。

2017-04-01-1491018597-5568457-DSC04162.JPG 2017-04-01-1491018660-505529-DSC04164.JPG

社名変更に際し、3月31日に本社および各事業所・製作所3カ所にて、社員向けの記念式典を開催した。本社の式典会場には、SUBARUを自動車と航空宇宙事業における、魅力あるグローバルブランドとして成長させていく象徴として、2016年10月に発売された新型インプレッサと最新型ヘリコプター412EPI発展型機の大型模型が展示された。社員には、記念のリーフレットと新たに制作されたグループ章(社章)が配られた。

■代表取締役社長 吉永泰之 コメント

「私たちは、今まで良いモノをつくる努力をしてきました。そして近年は、モノに加えてSUBARUにしか提供できない「価値」は何なのかを考えてきました。

今回の「株式会社SUBARU」への社名変更は、私たちがこれから「価値を提供するブランド」として生きていくという『決意表明』です。「SUBARU」が好きだ、そんなお客様にもっともっと増えて欲しい。

お客様に満足いただいた時、そこには必ずお客様の「笑顔」があるはずです。新しい社名「株式会社SUBARU」と共にみんなで一緒に、さらにいっそう輝いていきましょう!」

■株式会社SUBARU 新社歌【AutoblogオリジナルSUBARU社歌映像】

■スバル 公式サイト

http://www.subaru.jp/

【関連記事】

(2017年3月31日 Autoblog日本版「富士重工業からSUBARUへ社名変更、モノをつくる会社から、笑顔をつくる会社へ。【社歌映像付き】」より転載)