BLOG

トヨタがフォードを抜き1位に! 米で行われた自動車ブランド好感度調査

2014年02月12日 16時41分 JST | 更新 2014年04月13日 18時12分 JST

default

米消費者情報誌『コンシューマーリポート』が行った自動車ブランドの好感度アンケートの結果が出たのでお伝えしよう。

今回、堂々1位に輝いたのはトヨタ、次いでフォードホンダシボレーの順となった。認知度が大きく上がったのはテスラで、47ポイントを獲得して5位につけた。米国では決して大手メーカーとは言えないスバルも、トップ10入りを果たしている。

同アンケートは昨年の12月6~15日にかけて成人読者に対し、車購入時のポイントとなる「品質、安全性、パフォーマンス、割安感、燃費、デザイン・スタイル、テクノロジー・革新性」の7項目についてそれぞれ質問を行ったもの。読者が答える際に、自動車ブランドの選択肢は与えられていないので、より正確な好感度を測れるという。

ただし、今回の結果はあくまでも好感度によるもので、たとえ品質部門で上位に入ったとしても、それは読者の感覚によるものであり、本当の意味で品質が認められたわけではない。また、同誌自動車部門編集次長のジェフ・バートレット氏は「アンケート結果は、これまで出されてきた評価にも左右されているだろうし、報道の影響も無視できない」と語っている。詳細はプレスリリース(英語)も用意してあるので、そちらをご覧いただきたい。

【関連記事】

(2014年2月7日「Autoblog」より転載)

2013 Toyota Camry Hybrid Review Photos