BLOG

香川真司の出場機会は激減か マンチェスター・ユナイテッドの勝利に貢献したMFマタを指揮官が称賛

2014年01月29日 20時14分 JST | 更新 2014年03月31日 18時12分 JST

チェルシーからの電撃的な移籍を果たしたマタ。さっそくカーディフ戦で出場したが、攻撃の起点になり、マンチェスター・ユナイテッドの勝利に貢献した。指揮官は満足した様子で新加入選手について言及し、本人も納得したデビュー戦だったようだ。

■ 2得点の起点となったマタ

ka

香川真司はベンチ入りしたが出番はなかった【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

マンチェスター・ユナイテッドは28日、プレミアリーグ第23節でカーディフとホームで対戦し、2-0で快勝した。香川真司はベンチ入りしたが出番はなかった。

25日にチェルシーから移籍したばかりのスペイン代表MFファン・マタがトップ下で先発デビューしたほか、負傷離脱していたオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーがワントップで先発し、イングランド代表FWウェイン・ルーニーも途中出場で復帰を果たした。

現地の話題はマタの電撃起用、ファン・ペルシーとルーニーの復帰で沸いた。4-2-3-1の布陣で臨んだユナイテッドは、ワントップにファン・ペルシー、トップ下にマタ、左にヤング、右にバレンシアを配し、残留争いに低迷する格下を相手に攻撃陣が躍動した。

中でも周囲を驚かせたのは両得点の起点となったマタの活躍だろう。チェルシーで最後に出場した試合は約1ヵ月前。そのマタがユナイテッド合流以来、調整期間3日での電撃先発となったが、開始6分で真価を発揮した。

速攻の起点となり、自陣深い位置からロングボールで左前線に走ったDFエブラに展開すると、ファン・ペルシーの先制点が生まれた。後半14分の追加点も中央から左のヤングに展開し、ドリブル、ミドルシュートでのゴールとなった。

■ マタ「みんなと成長していくのが楽しみだ」

マタが演出した好機は最多タイの4回、パスの数では最多52回を記録し、存在感を示した。マタは試合後、BBCに次のように話した。

「信じられないようなデビューだった。スタジアムは満席だったし、試合にも勝った。もっと得点できるだけの好機は作ったけど、勝ち点3は僕にとってもチームにとっても重要な結果になったし、うれしい。

スタンディングオベーションは刺激的だったし、信じられなかった。チームも選手たちも僕を快く迎え入れてくれたし、これからもっとプレーしていくのが楽しみだ。チームに貢献したい。僕は全力を尽くしたし、チームメイトのパスコースを作ることを心掛けた。

みんなと成長していくのが楽しみだ。ファン・ペルシーとルーニーとプレーできた事も驚きだった。2人は世界最高峰のFWだし、今季終了までに彼らと共にゴールを量産したい。僕らは4位確保を目標としているし、今後の試合をカップ戦決勝のように戦い、全勝するつもりでプレーする」

ディビット・モイーズ監督は後半40分にマタとヤヌザイを交代させた際、マタをタッチラインまで出て迎え、両手で片手を握るなどして信頼感を示していた。モイーズ監督は試合後、マタを手放しで褒めちぎった。

「マタは本当に良くやった。彼は特に最初の30分間で我々の決定機を作ったし、彼には満足している。彼はチームに順応すると思う。私は彼とファン・ペルシーのプレーを見たかった。だが、私はマタを様々なポジションで起用するつもりだ。我々が彼と共により良いプレーができることを願っている」

■ 現地解説者「ユナイテッドはマタを中心としたチーム再建を図るだろう」

mata

モイーズ監督は復帰したファン・ペルシーたちついて「復帰を嬉しく思う」と語った【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

モイーズ監督は復帰したファン・ペルシーとルーニーについて、「彼らがチームにいる時の方が結果は良くなる。我々は彼らの体調を万全にする必要があるし、彼らも試合勘を必要としているが、彼らの復帰をうれしく思う」と語った。

ゴールを決めたヤングについても、「彼は先制点につながるプレーをしたし、ゴールも決めた。我々はチーム内での競争を求めている。好調な選手には次週も同じようにプレーしてもらう」と述べた。

更にモイーズ監督は今後についての意気込みも語っている。

「主力選手が復帰することが分かっていたから気分は良くなった。だが、もっと確信できるものにしたいし、良い試合内容で勝てるようにしたい。だからこの1勝だけで、笑顔で満足できるとは思わない。勝ち点3には満足だが、私が目指すプレースタイルや目標への距離はまだ長い」

一方、スカイスポーツの解説者で元アイルランド代表FWナイアル・クイン氏は、「マタは素晴らしいデビューを飾った。彼はアーセナルにエジルが加入した時のような影響力をユナイテッドにもたらすだろうし、ユナイテッドはマタを中心としたチーム再建を図るだろう」と評した。

ユナイテッドの次なる試合は2月1日の敵地でのストーク戦。モイーズ監督もファン・ペルシー、ルーニー、マタに定位置確保を約束するようなコメントを発しており、今回もマタに代わって入ったのは18歳のヤヌザイだった。

英メディアもマタのデビューについて特集記事を組むなどして大々的に報じており、香川の出場機会が今後、激減する可能性も高まってきた。

【関連リンク】

(2014年フットボールチャンネル「『様々なポジションで起用する』。勝利に貢献したマタを指揮官が称賛。香川の出場機会は激減か」より転載)

マンチェスター・ユナイテッドVSサンダーランド 1/22