BLOG

私は独身でいたい。でもあなたとも一緒にいたい。

2015年07月26日 16時45分 JST | 更新 2016年07月25日 18時12分 JST
Eugenio Marongiu via Getty Images
Young couple cycling with legs out

私はあなたと一緒にいたい。でも独身でいたい。

私はあなたに、友達とビールを飲みに行ってほしい。そうしたら、次の朝に二日酔いになっていて、あなたは「君を腕に抱きしめたい気分なんだ」って言って、私に「こっちにおいでよ」って言ってくれるはず。そうしたら、お互いに鼻をこすりあったりできるから。私は朝のベッドの中でいろんなことを話したい。でもお昼になったら、「その日は別々のことをしましょう」っていうふうに、2人で決めたりもしたい。

夕方、友達とどんなふうに過ごしたのか教えてほしい。あなたが友達と酔っぱらっている時にメールを私に送って、どうでもいいようなことを言ってほしい。そうしたら、私もあなたのことを思っていられるから。

私は2人で愛し合っている時に笑い合いたい。新しいやり方を試してみたら、うまくかなかったねって笑いたい。2人で友達と一緒にいても、あなたが私の手を取って他の部屋に連れていって、「もう我慢ができない。今すぐ君を抱きたい」って言ってほしい。

食事の時には、私は私の話をして、あなたはあなたの話をしてほしい。北海岸と南海岸、西の郊外と東の郊外のどっちがいいのかなんてどうでもいいことで大ゲンカしたい。私たちが一緒にそこへ引っ越すなんてことはないのがわかっていても、夢みたいなロフトの家を想像したい。そして、あなたには全然まとまりのないあなたのプランを話してほしい。「パスポートを準備して。今から出発しよう」なんて言って、私を驚かせてほしい。

あなたと一緒に臆病になりたい。それでも、他の人とはやらないことをあなたと一緒にしたい。あなたは私に勇気をくれるから! 友達と素敵な夜を過ごして、ものすごく酔っぱらってから家に帰りたい。それから夜になったら、あなたに私の顔を手で抑えて、キスして、私を枕みたいにして、重くのしかかってほしい。

あなたには自分の生活をしてほしい。それで気まぐれを起こして、何週間も旅行に行ったりしてほしい。私を一人ほったらかしにしたあなたが、Facebookのメッセンジャーの小さなポップアップウィンドウで「やあ」なんて言ってくれるのを退屈しながら待っていたい。

私はいつでもディナーに誘ってほしいわけでもないし、あなたをディナーに誘いたいっていうわけでもない。そうしたら、私が「昨日はどうだった?」って話せるし、あなたも「昨日はこうだったよ」って話せるから。

シンプルだけど、同時にシンプルすぎない関係でいたい。何かいつも自分に問いかけなきゃいけないけど、あなたと同じ部屋にいるときは、分かっていたい。あなたに「きれいだ」って思ってほしいし、一緒にいられることをうれしく思ってほしい。愛してるって言ってほしい。だって、私があなたにお返しでそう言ってあげたいから。あなたの前を歩いて、右左に揺れるお尻を見せてあげたい。

実現するか分からないようなプランを立てたい。だけど、2人でいるってことが絶対。あなたのいい友達になりたい。一緒にぶらぶらするのが楽しいっていう感じの友達に。あなたが他の女の子と浮気したくなってもいいの。でも、ちゃんと夜には戻ってきてね。だって、私はあなたと一緒に帰りたいから。一緒に寝る相手は私じゃなきゃ、とあなたが思う人になりたい。あなたが働いている時はそっとしておいて、音楽に夢中になっている時は一緒にいられて最高だって思うような人に。私はあなたと一緒に独身生活を過ごしたい。2人の生活は、今の私たちのシングルライフと同じようになると思うけど、それでも一緒にいるの。

いつか、あなたを見つけるから。

このブログはハフポストケベック版に掲載された英訳記事を翻訳しました。

Influential Couples