shiawase

30代を「場所」と「人」を重点に置いて走り抜けてみて思うことは...。
ポジティブになろうとする前に…
「旅をすると価値観が広がる」と、多くの旅好きの人たちは言います。この「価値観が広がる」とは具体的にどういう状態なのでしょうか?
GDPが成長し続けることは「必要」だが「不可能」と回答した人から多く挙がった理由は…
世界中が追い求めている持続可能で幸せな社会は、ユートピアでも幻想でもなく、東洋にすでに存在している。
最近良く聞く、フリーランスという働き方。フリーランスワーカーは、果たして、人よりも幸せなのだろうか?
もちろん目標を定めて努力することは大切ですが、学歴や就職や結婚が自動的に幸せを運んできてくれるわけではありません。
女性メディアが伝えたい「ひとりで行きていくための戦略」。
ブルンジの人々のライフスタイルは、日本人よりよほど持続可能な形であり、また彼らの笑顔からは、この国が世界で最も不幸な国だとは決して言えないように思える。
「ゆったり、気ままに。時にはちゃめちゃ。でも落ち込まない、大笑い」
多くのお父さん、お母さんは、「子供に幸せになってほしい」と思いながら子育てをしています。その「幸せ」は親の価値観を押し付けたものになっていませんか?
幸せとは人工的なもので、自身で作り出そうとそうでなかろうとその人次第だ。
毎年3月20日は、国連によって定められた「国際幸福デー」として、「幸福の追求」を目指した様々な働きかけが世界各地で行われる。
これまで数値化するのが難しいと考えられていたことをお金に換算して評価出来る、分かりやすい指標がありました。それが「新国富」。
人生にとって、大切なことは何だろうか。何を大切な価値観として、生きるのか。
フィジーといえば、やっぱり海!日本人にとってのハワイは、オーストラリア人やニュージーランド人にとってのフィジーなんです。
人生には厳しいことがあっても、それで落ち込む必要なんてないのです。