Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

宿輪純一 Headshot

『グローリー』―組織に翻弄される個人(112)

投稿日: 更新:
印刷

(Glory:Slava /2016年)

東京国際映画祭で上映された、EUの新興国ブルガリアを舞台にした作品。ブルガリアで孤独な生活を送る"どもり"でまじめな鉄道員が主人公。彼が線路上に落ちていた不正な現金を発見し、勝手で保身的な企みに巻き込まれていく。社会的に不正が蔓延っている様子もうかがわれる。鉄道ということで運輸省が舞台となる。

運輸省の広報担当者(女性)が二人目の主人公であるが、見る方がハラハラする身勝手な人間で、その対応が鉄道員の運命を翻弄する。

その後、鉄道員は同僚にも敵視され、とてもひどい目に合う。新興国にはよくあるのであろうか、弱者が大きな組織、それも権力者によって翻弄されていき、人生がメチャクチャになる。そして、その悲劇的な鉄道員によって、悲劇的な最期をもたらされる・・・。しかし、ある意味、それは胸がすく思いがするといっては言い過ぎであるが、鉄道員の気持ちも十分すぎるほど分かる。

ブルガリアは日本ではヨーグルトで有名であるが、東欧の国である。経済規模(GDP)は青森県と同じぐらいである。2007年にEUに参加したが、EUの中でも最貧国の一つである。

EUでは2004年~2007年に第5次拡大ということで、キプロス、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、マルタ、ポーランド、スロバキア、スロベニア、ブルガリア、ルーマニアの東欧12カ国が参加した。

EUおよび、その先にあるユーロへの参加は、本来は経済レベルが同じような、ある一定以上の国が対象になるはずであった。しかし、この第5次拡大は経済的な目的より、政治的な目的の方が大きかったように考えている。経済レベルが低いため、移民となって、EUの中のドイツ・フランスなど先進国に流入していったのである。この東欧の第5次拡大が英国のEU離脱の要因となったといっても過言ではない。

来年はオランダ、フランス、ドイツなどの選挙が相次ぐ。EU懐疑派(離脱派)が政権をとって、主要国がEUを離脱することになると、EU本体が崩壊する可能性があり、十分な注意が必要である。

【著者の新刊案内】
決済インフラ入門』(東洋経済新報社/税込み1944円)
変わりゆく"決済"を知るための実務者必読の書。どの本よりも易しく"決済の全体像"が理解できる一冊。アマソン銀行・金融業、そして金融・ファイナンス1位獲得。フィンテック・ビットコインを始め、中国の決済インフラも詳細に説明。

【宿輪ゼミのご案内】
博士(経済学)・帝京大学経済学部経済学科教授・慶應義塾大学経済学部非常勤講師・映画評論家の宿輪先生が2006年4月から行っているボランティア公開講義。その始まりは東京大学大学院の学生達がもっと講義を聞きたいとして始めたもの。どなたでも参加でき、分かりやすいと、経済学博士の講義は好評。「日本経済新聞」や「アエラ」の記事にも。この今年4月でなんと10周年、開催は200回を、会員は1.2万人を超えて、日本一の私塾とも。言われています。次回第220回の宿輪ゼミは12月20日(火)開催。Facebook経由の活動が中心となっており、以下からご参加下さい。
https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/