BLOG

061 | 朝食で朝からハッピーに。Riccoさんの笑顔が溢れる朝ごはん。

2014年07月30日 00時18分 JST | 更新 2014年09月28日 18時12分 JST

2014-07-16-063_image01.jpg

美しさの秘訣は、朝食にあり!?各界で活躍する女性キーパーソンに、こだわりの朝食について聞きました。

2014-07-16-063_image02.jpg

イラスト・グラフィックデザインを中心に活躍するRiccoさん。キュートでユニークな作風で世の女性を虜にしている彼女はイラストの世界観同様、一緒にいると自然と笑顔になるようなハッピーオーラで溢れている。そんな彼女の朝ごはんは?

「起きる時間は日によってバラバラだけど、目が覚めた瞬間ジャンプができちゃうくらい寝起きがいいから(笑)、朝食はたくさん食べます。千葉や山梨に住んでいる友達が手作りのサニーレタスやタマネギを送ってくれて、それが朝食に入っているとその人たちの笑顔も思い浮かべられるから、朝からハッピーな気分になるし、なにより美味しい。」と、朝ごはんに思いがぎゅっと詰まっている様子。

普段は自宅で制作を行うことが多いため、料理はいい気分転換になるとか。同じマンションの別階に暮らすお母さんと朝か昼、どちらかの家でご飯を一緒にすることも大事にしているそう。「顔を見ながら食べると楽しいし、お母さんを一日一回笑わせるのが今年の目標の一つ。」と、話す目の先には「2014 Ricco.の もくひょう」と書かれた1枚の紙。「毎年、年末に翌年の目標を書くんです。思いついたままバーっと書いちゃうから、守りきれないのも多いけど...。」思わず笑顔になっちゃうような目標たくさんですね。日村に会うとか、おかしを買わない!とか。「いや、買ってる!(笑)でも本当は一日一つ目標をもって暮らしたいくらい毎日を大切に生きたい。」と、日々を丁寧に暮らす彼女の生活は、この"もくひょう"にあるような優しい気持ちにさせてくれる要素がたくさんだ。

2014-07-16-063_image03.jpg

朝食メニュー:野菜と豆乳のポタージュ、サニーレタス、タマネギ、ラディッシュのサラダ、ソーセージ、小さな雑穀パン、卵焼き、フローズンベリー、ヨーグルト、ぶどう、グァバジュース

写真/石渡朋 文章/浦本真梨子

Ricco さん

●リッコ

空想の淡い世界と、煌めいた色合いの作品を様々なメディアで多数発表。

iphoneアプリ「Ricco.」や、創作ワークショップ、刺繍やビーズ等の素材を用いたミクストメディア作品の制作など多様な創作活動を展開中。

http://ricco-co.com/

【関連記事】

(「からだにいい100のこと。」より転載)