BLOG

中間質量ブラックホールの検出

2017年02月14日 16時31分 JST

過去数十年にわたり、球状星団を対象に、太陽質量の100~1万倍の中間質量ブラックホールの痕跡を探すという取り組みが行われてきた。

しかし、こうした探査で見つかった全ての候補は、電波の領域で暗く、そのX線と電波のフラックス比は予測されているものとは異なっている。

今回、B Kızıltanたちは、ミリ秒パルサーのタイミングデータを用いて、球状星団きょしちょう座47の中心に約2200太陽質量のブラックホールが存在する力学的な証拠を報告している。

検出可能な電磁気学的対応天体のないこのようなブラックホールが、これほど密集した星団の中心に存在することから、降着は信号を生成するほど速くないことが示唆される。

Nature542, 7640

2017年2月9日

原著論文: An intermediate-mass black hole in the centre of the globular cluster 47 Tucanae

doi:10.1038/nature21361

【関連記事】

冥王星の氷面上の新しい剣状地形 Nature541, 7636 2017年1月12日

形成途中の惑星 Nature527, 7578 2015年11月19日

絡まった結び目が駆動する超大質量ブラックホールからのジェット Nature521, 7553 2015年5月28日

3つのIa型超新星は白色矮星同士の合体によるものか? Nature521, 7552 2015年5月21日

若い銀河のクランプ形成 Nature521, 7550 2015年5月7日