burakkuhoru

ブラックホールの存在が予測されてから、約100年を経てその存在が視覚的に証明されたことになる。
ブラックホールの姿が、ついにお披露される日が来るかもしれない。
「このブラックホールは急速に成長しています」
過去数十年にわたり、球状星団を対象に、太陽質量の100~1万倍の中間質量ブラックホールの痕跡を探すという取り組みが行われてきた。
『1729』というただの4桁の数字を、あなたはどんな感想を抱きますか。
それはまるで、宇宙の巨大な「げっぷ」だ。
K Belczynskiたちは今回、ブラックホール連星形成の数値シミュレーションを提示している。
巨大ブラックホールから「ジェット」と呼ばれる高エネルギーのプラズマが光速に近い速さで激しく噴き出しているのを、日韓国共同観測チームが観測した。
昔、アインシュタイン博士は言いました。「時間と空間は質量によって歪みます。その歪みは重力波となって時空を伝わっていきます。」
長周期系において激しい光学的振動を引き起こすのに不可欠な要因は、持続的な降着の欠如であると思われる。