BLOG

脳幹に局在して体重減少を調節する受容体

高レベルのGDF15はがんなどの多数のヒト慢性疾患で見られる体重減少と結び付けられている。

2017年10月17日 17時19分 JST | 更新 2017年10月17日 17時19分 JST

GDF15(Growth and differentiation factor 15)は脳の摂食中枢に作用して食欲不振を引き起こし、これが徐脂肪と脂肪の両方の量の減少につながって、最終的には悪液質を引き起こす。

GDF15のレベルは組織のストレスや損傷に応答して上昇し、高レベルのGDF15はがんなどの多数のヒト慢性疾患で見られる体重減少と結び付けられている。

B Allanたちは今回、GFRAL[glial cell-derived neurotrophic factor(GDNF)receptor alpha-like]がGDF15の受容体で、脳幹だけに存在することを明らかにした。

GDF15の構造、とGDF15がGFRALに結合することは、生化学実験とGfralノックアウトマウスの解析の結果とともに、GFRALによる体重の調節がこれまでに解明されている経路とは無関係であることを実証している。

腸管や脂肪組織に由来し、主に視床下部で受容体を活性化するホルモンとは異なり、GDF15は組織損傷に応答して上昇し、脳幹にあってGFRALを発現しているニューロンを活性化する。

Gfralノックアウトマウスはストレス条件下で過食になり、化学療法によって誘発される食欲不振や体重減少に抵抗性を示した。

これらの知見は、エネルギー需要が変化する疾患の治療法開発への道を開くものだ。

Nature550, 7675

原著論文:

Non-homeostatic body weight regulation through a brainstem-restricted receptor for GDF15

doi:10.1038/nature24042

【関連記事】

AMPK活性化の新しい機構

Nature548, 7665 2017年08月03日

血管新生の炭素源となる脂肪酸

Nature520, 7546 2015年04月09日

代謝の時計を合わせる

Nature485, 7396 2012年05月03日

珪藻類では逆の役割を持つ尿素サイクル

Nature473, 7346 2011年05月12日

細菌プランクトンによる炭素および硫黄の隔離

Nature473, 7346 2011年05月12日