BLOG

触媒の活性部位を特定する

不均一系触媒は、化学産業やエネルギー産業において極めて重要である。

2017年09月15日 14時15分 JST | 更新 2017年09月15日 14時19分 JST

不均一系触媒は、化学産業やエネルギー産業において極めて重要である。

その活性は、反応物分子の生成物分子への変換を制御する特定の部位によって決まる。

しかし、反応中にこうした部位を直接特定しモニターすることは、困難である。

今回J Pfistererたちは、普及している走査型トンネル顕微鏡を使った、測定中の雑音レベルの変化のモニタリングによって、これが容易に実現されることを示している。

著者たちは、収集したデータを用いて、さまざまな欠陥部位や触媒を構成するさまざまな材料間の境界部位などの活性部位をほぼ定量的に識別できた。

この情報は、触媒活性全体に対するさまざまな部位の重要性と相対的寄与の直接評価を可能にし、幅広い実用に向けた不均一系触媒の合理的設計や最適化に直接生かすことができる

Nature549, 7670

原著論文: Direct instrumental identification of catalytically active surface sites

doi:10.1038/nature23661

【関連記事】

Nature最新号