BLOG

中国に初期のホモ・サピエンス

2015年11月07日 22時24分 JST | 更新 2016年11月05日 18時12分 JST

道県(中国南部)の福岩洞で見つかった解剖学的現生人類の47本の歯は、少なくとも8万年前のこの地域に解剖学的現生人類がいたことを示しており、さらに、この年代は12万年前までさかのぼる可能性もある。これは、レバント地方やヨーロッパに現生人類が現れた時期より3万~7万年も早い年代である。今回見つかった現生人類は、中国北部および中央部にいたヒト族と比べてはるかに現代人的な形態をしていた。この発見によって人類史の複雑さがいっそう深まり、未発見の事柄がまだたくさんあることが明らかになった。

2015-10-29-1446160109-1791203-58826.jpg

今回見つかった47本の歯。

Credit: S. Xing and X-J. Wu

Nature526, 7575

2015年10月29日

原著論文:

The earliest unequivocally modern humans in southern China

doi:10.1038/nature15696

【関連記事】

中期鮮新世のヒト族の多様性がさらに拡大 Nature521, 7553 2015年5月28日

ネアンデルタール人の緩やかな排除 Nature512, 7514 2014年8月21日

森の果実を楽しんだアウストラロピテクス Nature487, 7405 2012年7月5日