BLOG

化学品の原料としての二酸化炭素

2016年04月09日 23時53分 JST | 更新 2017年04月09日 18時12分 JST

温室効果ガスである二酸化炭素を化学品の原料として使えるかもしれないという考えは、魅力的だが通常は非現実的である。

二酸化炭素は炭素求核剤と反応しやすいものの、炭素求核剤の合成には高いエネルギー入力が必要になるからである。

しかし今回A Banerjeeたちは、植物の炭素固定を触媒する酵素であるルビスコ(RuBisCO)に着想を得て、アルカリ金属を含有する中温溶融塩を用いることによって、炭酸塩で促進される非常に酸性度の低いC-H結合の高効率カルボキシル化を実現できることを実証している。

著者たちは、非可食バイオマスから容易に生成される2-フロ酸を、有用なバイオベース原料であるフラン-2,5-ジカルボン酸に変換することで、この化学過程の可能性を示している。

Nature531, 7593

2016年3月10日

原著論文:

Carbon dioxide utilization via carbonate-promoted C-H carboxylation

doi:10.1038/nature17185

【関連記事】

鉄触媒を用いたトリチウム標識法 Nature529, 7585 2016年1月14日

アルカロイド合成を簡素化する Nature525, 7570 2015年9月24日

ニッケル触媒反応を用いた炭素-ヘテロ原子カップリング Nature524, 7565 2015年8月20日

キラルアミン合成が容易に Nature523, 7561 2015年7月23日