nisankatanso

BMWが野心的な温暖化対策を打ち出した。今後10年で1000万台のEVを販売する計画だ。
人類が火星に降り立つという将来の目標に向け、大きな期待が寄せられます。
地球温暖化を産業革命以前の水準から1.5℃以内に抑えるのは並大抵のことではなく、政府や産業界や社会の仕組みを急速かつ劇的に変える必要がある。
世界的にESG投資の潮流が強まる中、CSRや環境の取り組みに関する非財務情報の適切な開示が求められています。
オークリッジのチームはCO2を使い勝手のよい燃料に変化させる方法を発見した。
蚊は、こんな魅力のある人に惹かれています。
環境ジャーナリストの竹内敬二さんが、3年ぶりにできた国の温暖化対策計画について、その問題点を指摘しています。
これだけ温暖化の危機が叫ばれている中で、極めて強力な温室効果ガスをわざわざ作って売って儲けるということが、果たして倫理的にも許されるのでしょうか。
著者たちは、非可食バイオマスから容易に生成される2-フロ酸を、有用なバイオベース原料であるフラン-2,5-ジカルボン酸に変換することで、この化学過程の可能性を示している。
人間はもともと温暖化に鈍感だった。CO2濃度の上昇は1960年代から知られていたが、温暖化の脅威が騒がれ始めたのは80年代に入ってからだ。
「いぶき」は、地表近くから上空までの大気に含まれるCO2とメタンの濃度を観測している。
国連だけが温暖化問題を解決する場ではない。多様な場で、温暖化問題に取り組むことが、人類への真の貢献に繋がる。
日本の強みである低炭素技術の世界レベルの普及、人類未踏の革新的技術開発を実現することで、温暖化問題の抜本的解決に貢献せよ。
ある科学者グループが、池の中のどこにでもあるような藻類をプラスチックを生成するマシンに変える方法を発見した。
世界的に「脱石炭」へ向けた動きを見せ始める一方で、いまだに石炭事業に多額の資金を投じ続ける国もあり、その最大の支援国が日本なのです
アメリカ環境保護局(EPA)が6月2日に発表した既設発電所に対するCO2排出量の新基準によって、温室効果ガス排出量の削減のために対策を立てる責任は、各州に課せられることになる。