BLOG

発生中の多能性幹細胞における種ごとの違い

2016年09月20日 15時40分 JST | 更新 2016年09月20日 15時40分 JST

今回、斎藤通紀(京都大学)たちは、サル胚に単一細胞RNA発現解析法を用いて、このサル種の初期発生中の遺伝子発現を解析し、マウスおよびヒトの初期胚での遺伝子発現と比較することで、哺乳類における多能性の個体発生過程での特徴を種横断的に明らかにした。

意外なことに、ニューロン分化過程にあるサル細胞は、原腸形成期にも多能性関連遺伝子群を発現し続けていた。この解析結果は、主要な動物種における発生段階ごとの多能性幹細胞の相対的な特徴を知るための手掛かりとなり、in vitroでのヒト多能性の調節を向上させる基盤の確立に役に立つだろう。

Nature537, 7618

2016年9月1日

原著論文: A developmental coordinate of pluripotency among mice, monkeys and humans

doi: 10.1038/nature19096

【関連記事】

マウス胚における初期の細胞選別現象 Nature536, 7616 2016年8月18日

哺乳類の原腸形成における単一細胞解析 Nature535, 7611 2016年7月14日

piRNAによる生殖細胞の指定 Nature531, 7594 2016年3月17日

幹細胞の性 Nature530, 7590 2016年2月18日