Gan

20代でステージ4の乳がん患者が、自分を取り戻すとっておきの場所

広林依子 | 投稿日 2017年03月20日
広林依子

アートとの出会いは、ネガティブな感情を落ち着かせる効果があるだけでなく、がん生活を彩りのあるものに変えてくれる役割も果たしてくれました。

「今、つらい思いをしている人たちの光になるように」若年性乳がんフラチームが発する希望のメッセージ

The Huffington Post | なかのかおり | 投稿日 2017年03月20日

「それぞれの現実と向き合って生きている仲間に寄り添えるピンクリングでありたいです」

オバマケアを批判する人たちが絶対に認めようとしないか、全く理解できないこと

The Huffington Post | Jonathan Cohn | 投稿日 2017年03月14日

それでもうまくいったことはたくさんある。

26歳でステージ4の乳がん発覚、私が決めたライフデザイン ー強く美しくー

広林依子 | 投稿日 2017年03月13日
広林依子

私は現在29歳の、ごく普通の女性で、独身です。他の人と違うのは、3年前の26歳のときに乳がんを宣告され、それからステージ4のがん患者人生を送っていることです。

「がんの総合診療科」腫瘍内科先駆者の描く未来のがん治療

coFFeedoctors | 投稿日 2017年03月08日
coFFeedoctors

腫瘍内科医とは、よく誤解されますが「抗がん剤専門医」ではありません。

ステージ4のがん告知から、職場復帰までを振り返る

西口洋平 | 投稿日 2017年03月09日
西口洋平

上司にとっても、私にとっても、同僚に何も言わないまま、復帰をすることは良くないと考え、ラフな場をもうけて、私の口から話ができるように配慮をしてくれたのである。

すべての年齢層のうつ病について知っておくべきこと

The Huffington Post | Lindsay Holmes | 投稿日 2017年03月05日

症状の現れ方は、年齢層によって違う。

がん患者をつなぐ、顔の見える電話相談システム構築に支援を

A-port | 投稿日 2017年03月04日
A-port

生存率が上がり、部位によってがんは、「つきあっていく病気」になりつつある。だからこそ生活に密着した情報が必要となるのだが、相談する場が、日本では社会的に埋没している。

抗がん剤がDNAに与える望ましくない作用

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2017年03月04日
ネイチャー・ジャパン

PI3Kδは発がん促進作用の他に、DNA組換えを促進する酵素AIDの活性も制御している。

「居場所があるから頑張れる」若年性乳がんフラチーム​、仲間と踊って自然と笑顔に

The Huffington Post | なかのかおり | 投稿日 2017年03月03日

「乳がんという共通点で、素敵な仲間に出会えました」

喫煙開始年齢「20歳まで」が9割。最初の一本を吸わない教育を全国に広める

coFFeedoctors | 投稿日 2017年03月02日
coFFeedoctors

京都市内を中心に他府県も含めて約40校の小中高校で、喫煙防止教育を進めている土井たかし先生。なぜ子どもたちへの喫煙防止教育に精力的に取り組まれているのでしょうか。

清水健・元読売テレビアナ、維新から堺市長選に立候補へ

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月22日

今年1月に退社し、ガン撲滅や難病対策を掲げる一般社団法人の代表理事として講演活動をしてきた。

いつ来るかわからない「死」のそのときまで、チャレンジを続ける。そう、死ぬまで。

西口洋平 | 投稿日 2017年02月15日
西口洋平

「去年の2月、がんの告知を受けました。そのときの気持ちは、『が~ん』ですよ!」

ステージ4のがん患者が向き合う「最後の仕事」

西口洋平 | 投稿日 2017年01月29日
西口洋平

がんであろうがなんであろうが、ワクワクできるんだ。

お笑いはガンに効くのか? 大阪府と吉本興業らが実証研究へ

The Huffington Post | 濵田理央(Rio Hamada) | 投稿日 2017年01月25日

大阪府は吉本興業などと連携し、笑いががん医療に効果があるのかを調べる実証実験を始めます。

「乳がん体験者にもエレガントな『美胸』ブラを」手術経験を生かし起業

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月24日

「私は今も、失ったものを取り戻したくて。だからこの仕事をしてると思います。」(西沢桂子さん)

「健康寿命」伸ばす予防医療-「国民医療費」増加というパラドクスの解消:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年01月18日
ニッセイ基礎研究所

予防医療は、長寿化による国民医療費の増大をもたらすと指摘しているのだ。どうすれば予防医療による健康増進と国民医療費の増加というパラドクスを解消できるのか。

食中毒を起こす菌が役に立つ? 悪性脳腫瘍の新しい治療法、デューク大学が発表

Engadget 日本版 | 投稿日 2017年01月14日
Engadget 日本版

ラットを使った実験では、治療に使用した個体の20%が100日(人間に換算すると10年)の間生存したとのこと。

残された時間、生きた証・・・ステージ4のがん患者に奇跡は起きるのか。

西口洋平 | 投稿日 2017年01月11日
西口洋平

今奇跡が起こっているのなら、これからも奇跡は起こると思った。奇跡を起こし続けてやる、と。

小林麻央さん「人生で一番幸せな年越しそばに感じました」

The Huffington Post | ハフィントンポスト日本版 | 投稿日 2016年12月31日

小林麻央さんが12月31日にブログを更新し、大晦日に食べた年越しそばについて、「私の人生で一番幸せな年越しそばに感じた」などとつづった。

「走りたいから義足になる道を選んだ」骨肉腫を乗り越えて、高桑早生さんが挑戦し続ける理由

The Huffington Post | 投稿日 2016年12月26日

走ることが大好きだった女の子は、小学校6年生の時に骨肉腫を患い、左足を切断するという決断をした。

小林麻央さん、がん骨転移の不安を吐露「痛い、痛いと強くなって...」

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年12月22日

乳がんで闘病中の小林麻央さんが12月22日にブログを更新し、がんが骨に転移したことで、「今までよりも痛みを感じる」ようになったことへの不安を吐露した。

「がんになっても働きたいし、恋もするし、夢もある」16歳でがんを経験した医師が伝えたいこと

The Huffington Post | 投稿日 2016年12月26日

十代でがんを経験した医師が目指す、これからの社会。

小林麻央さん、再入院を明かす「踏ん張りを一度、休止することに」

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年12月20日

「ここ最近の踏ん張りを一度、休止することにしました」と報告した。

がん領域のビジネス検討、そして闘病は大きな転機を迎える

西口洋平 | 投稿日 2016年12月19日
西口洋平

事業を作ったこともないし、サービスを開発したこともない。まずは、いろいろな人に話を聞くところから始めた。