原発廃炉に新たな国民負担8.3兆円 新電力にも負担求める

原発廃炉に新たな国民負担8.3兆円 新電力にも負担求める

朝日新聞デジタル  2016年09月21日
政府は、東京電力福島第一原発の廃炉や賠償、一般の原発の廃炉などの費用を広く消費者に負担させる仕組みの検討を始めた。...
「もんじゅ」廃炉へ最終調整 しかし高速増殖炉の開発は続く(年表)

「もんじゅ」廃炉へ最終調整 しかし高速増殖炉の開発は続く(年表)

吉野太一郎  2016年09月21日
事故とトラブル続きで実際に稼働したのは4カ月。年間200億円の維持費を食い続ける「金食い虫」として、大きな批判にさらされてきた。...
「『最悪のシナリオ』と呼ばれたシミュレーションがあった」福島第一原発 と官邸の15日間

「『最悪のシナリオ』と呼ばれたシミュレーションがあった」福島第一原発 と官邸の15日間

寺田学  2016年09月06日
恣意的な事故調報告や、関係者の自己弁護的な自筆本に違和感を覚え、当時34歳だった自分の弱虫さを含め、記憶を淡々と書くスタイルにしました。...
川内原発の即時停止、九電が拒否 三反園知事「極めて遺憾。安全という意識を捨てて」

川内原発の即時停止、九電が拒否 三反園知事「極めて遺憾。安全という意識を捨てて」

朝日新聞デジタル  2016年09月05日
九州電力の瓜生道明社長は5日午前、鹿児島県庁を訪れ、三反園訓知事から受けた川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の停止要請に対する回答書を知事に手渡した。...
「ひ弱い人間が、決死の覚悟でようやく一矢報いた」福島第一原発と官邸の15日間

「ひ弱い人間が、決死の覚悟でようやく一矢報いた」福島第一原発と官邸の15日間

寺田学  2016年09月05日
17日朝。早朝より緊張が高まる。現場の線量は相当高く、隊員の健康が気にかかる。もう後がない環境だということも、官邸で画面を見つめる人間の総意だった。...
東電幹部「はい!じゃ、退避の文章案、読んでみて!」 福島第一原発 と官邸の15日間

東電幹部「はい!じゃ、退避の文章案、読んでみて!」 福島第一原発 と官邸の15日間

寺田学  2016年09月04日
「正直に記すことが被害に遭われた方や未来の方々への微かな誠意と思っております」と語る寺田氏の証言をハフポスト日本版でお届けします。...
菅首相(当時)「撤退したら、日本はどうなるのか。東日本は終わりだ」福島第一原発 と官邸の15日間

菅首相(当時)「撤退したら、日本はどうなるのか。東日本は終わりだ」福島第一原発 と官邸の15日間

寺田学  2016年09月02日
「正直に記すことが被害に遭われた方や未来の方々への微かな誠意と思っております」と語る寺田氏の証言をハフポスト日本版でお届けします。...
帰還困難区域、2022年めどに一部避難指示解除へ【福島第一原発事故】

帰還困難区域、2022年めどに一部避難指示解除へ【福島第一原発事故】

2016年09月02日
これまで、ほぼ手づかずだった帰還困難区域の解除に向けた動きがようやく始まる。
「もうダメかもしれません」気丈な吉田所長の唯一の弱音 福島第一原発 と官邸の15日間

「もうダメかもしれません」気丈な吉田所長の唯一の弱音 福島第一原発 と官邸の15日間

寺田学  2016年09月01日
「正直に記すことが被害に遭われた方や未来の方々への微かな誠意と思っております」と語る寺田氏の証言をハフポスト日本版でお届けします。...
「前日、班目委員長は『爆発はありえない』と断言していた。」福島第一原発と官邸の15日間

「前日、班目委員長は『爆発はありえない』と断言していた。」福島第一原発と官邸の15日間

寺田学  2016年09月01日
「正直に記すことが被害に遭われた方や未来の方々への微かな誠意と思っております」と語る寺田氏の証言をハフポスト日本版でお届けします。...
「寺田、総理をもっと落ち着かせろ」元補佐官が語る震災翌日 福島第一原発と官邸の15日間

「寺田、総理をもっと落ち着かせろ」元補佐官が語る震災翌日 福島第一原発と官邸の15日間

寺田学  2016年08月29日
「正直に記すことが被害に遭われた方や未来の方々への微かな誠意と思っております」と語る寺田氏の証言をハフポスト日本版でお届けします。...
「官邸や自分に不利なことも正直に話す」 寺田学・元首相補佐官が語る東日本大震災の15日間

「官邸や自分に不利なことも正直に話す」 寺田学・元首相補佐官が語る東日本大震災の15日間

寺田学  2016年08月29日
「正直に記すことが被害に遭われた方や未来の方々への微かな誠意と思っております」と語る寺田氏の証言をハフポスト日本版でお届けします。...
「来年は日本からも若い研究者を派遣したい」福島を舞台にした草の根の国際交流

「来年は日本からも若い研究者を派遣したい」福島を舞台にした草の根の国際交流

上昌広  2016年08月22日
谷本医師が、今回の短期留学を企画した目的は、日本と上海の長期的な交流体制を確立することだ。...
チェルノブイリで再び発電へ。だが、それは原子力ではない【動画】

チェルノブイリで再び発電へ。だが、それは原子力ではない【動画】

2016年08月22日
2600平方キロメートルに及ぶ地域は汚染され、見捨てられてきました。