禁煙

約80%の社員が減量目標を達成!「健康経営」を目指す会社が実践していること

カイシャの評判ジャーナル | 投稿日 2017年01月10日
カイシャの評判ジャーナル

社員の健康を重視し、3つの健康増進施策に取り組むこの会社。取り組み後、社員の健康は増進されたのでしょうか?社員・元社員の声を集めてみました。

受動喫煙防止法・条例ができる前にやっておくべきは、屋根・囲い尽き喫煙所を増やしておくことである

おときた駿 | 投稿日 2016年12月02日
おときた駿

都議会議事堂側の喫煙所は相変わらずドアもなくタバコの臭いが充満しています。

先生3人が全面禁煙の小学校でタバコ 校長の注意も無視

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年11月16日

現校長が昨年4月に赴任してすぐ気づき、やめるよう何度か注意したが、聞き入れなかったという。

飲食店は「原則禁煙」、受動喫煙防止で厚労省が対策案 ネットの反応は?

The Huffington Post | 中野渉 | 投稿日 2016年10月16日

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、学校や病院の敷地などを全面禁煙にして罰則付きの法制化を目指した政府の受動喫煙防止対策案が、波紋を広げている。

ドゥテルテ氏、フィリピン全土の禁煙宣言へ 車の中も禁止に

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年10月10日

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、フィリピン国内の公共の場所で喫煙を禁ずる大統領令に署名すると報じられた。

タバコの煙にさらされて育った子どもにはアレルギーが多い

MEDLEY | 投稿日 2016年03月17日
MEDLEY

子どもにアレルギー症状が見られることが親の喫煙と関連しているか調べられました。

韓国、タバコに喫煙の警告イラストを義務化へ パッケージ面積の30%超

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2016年03月01日

韓国のたばこのパッケージに、喫煙にともなう危険を示すイラストが大きく表示されるようになる。

受動喫煙防止対策、東京都が後手に回る 結局、国が先に法律制定か?

おときた駿 | 投稿日 2016年01月08日
おときた駿

かねてより受動喫煙防止を訴えてきた私としては、国の方針は歓迎すべきものです。しかし…

40万円の罰金も 喫煙者は旅立つ前に現地のルールを要チェック

TRiPORT(トリポート) | 投稿日 2016年09月08日
TRiPORT(トリポート)

2004年に世界で初めて全面禁煙とする法律が施行されたのがアイルランドです。違反者には日本円にして約40万円の罰金が科せられます。

「喫煙OKの喫茶店に気にせず入りますか?」 行かない人と答えた人の割合は?

しらべぇ | 投稿日 2016年08月06日
しらべぇ

「全国たばこ喫煙者率調査」によると喫煙率が20%を割りこむ今、タバコOKの喫茶店にためらいなく入店できる人がどれほどいるだろうか。世間の声を聞いた。

日本初上陸!健康的な「ハラルフード」が楽しめる新感覚レストラン

TABIZINE | 投稿日 2016年05月07日
TABIZINE

今回は、「ここって本当に池袋?」と思ってしまうほど、異国の味と文化が楽しめるお店をご紹介します。旅好きな読者のみなさんにぴったりですよ!

妊娠中にタバコを吸うと、胎内の赤ちゃんの動きが変わる(研究結果)

The Huffington Post | Carolyn Gregoire | 投稿日 2015年03月30日

アメリカではおよそ10%の妊婦が、妊娠中も喫煙しているが、最新の超音波技術を使って撮影されたこの画像には、母親の喫煙が胎児の中枢神経系の発達に何らかの障害を引き起こすことを示唆している。

「ミスター・スポック」レナード・ニモイ最期の言葉は、私たちに人生の知恵を与えてくれる

The Huffington Post Canada | William Alcopra | 投稿日 2015年03月06日

レナード・ニモイは生前、TwitterにはいつもLLAP(長寿と繁栄を)という、「スター・トレック」での挨拶を署名していた。ニモイの最期のツイートは、私たちに人生の知恵を教えてくれるかのようだ。

子供が乗っているときは車内禁煙、イギリスで法案可決「大人は自由に吸えるが、子供は声をあげられない」

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2015年02月21日

イギリス議会下院は車に子供を載せているときはタバコを吸うことが禁じられる法案を可決した。イングランドが対象。違反者には約9100円の罰金が課せられる。

コンビニ店頭の灰皿撤去義務づけ、港区で新条例 他の地域では「近隣住民からの要望」などで

The Huffington Post | 投稿日 2014年07月02日

港区でコンビニなどの店舗の店先にある灰皿を撤去することなどを事業者に義務づける条例が施行された。条例がない他の地域での店頭の灰皿について、コンビニ各社どう対応しているのか。

小学生の禁煙学習は 誘いを断わる練習まで

ロバスト・ヘルス | 投稿日 2014年08月30日
ロバスト・ヘルス

小学校の保健で、飲酒、薬物と並んで禁煙指導に力が入れられています。まだたばこを経験したことのない子どもたちに、どのような教育をしているのでしょうか。

琥珀色の喫茶店

井川啓央 | 投稿日 2014年07月08日
井川啓央

昭和を生きた人なら、あれだけあった喫茶店が、店主の力だけでは抗えず、きれいサッパリ街から失くなってしまったのは、風俗の持つ宿命とはいえ、寂しいやら切ないやら、なんとも薄ら寒い気がします。

新年の抱負、"実現させる秘訣"は?(大西睦子)

ロバスト・ヘルス | 投稿日 2014年03月10日
ロバスト・ヘルス

「今年こそ痩せる」「禁煙」など、新たな目標とともに新年を迎えた方も多いのではないでしょうか。「言うは易し、行うは難し」は世の常。それでも目標達成の"秘訣"があるとしたら・・・? 抱負にちょっとした修正を加えるだけのようですから、今からでも間に合います。今年こそ自分の殻を打ち破りましょう!

将来は「タバコのない社会」になる?

弁護士ドットコム | 弁護士ドットコム編集部 | 投稿日 2014年06月07日

タバコを店頭購入できる年齢を「18歳以上」から「21歳以上」に引き上げる条例が、このほど米ニューヨーク市で成立した。18~20歳の喫煙率を下げることで、「タバコ依存症」を防ぐことが狙いのようだ。日本でも、未成年者の喫煙は深刻な問題とされており、2008年には「taspo」が導入されるなど、対策はなされてきている。今後、日本のタバコ法規制はどのような方向に向かうのだろうか。受動喫煙の訴訟に数多くかかわっている岡本光樹弁護士に聞いた。

アパートではタバコ禁止?「全米一厳しい」禁煙条例が作られたワケ

The Huffington Post | Robin Wilkey | 投稿日 2013年11月24日

サンフランシスコ郊外にあるサンラフェル市(人口約6万人)は11月14日、「全米一厳しい」禁煙条例を施行した。「自宅での喫煙」が禁止され得るものだ。

喫煙すると「顔の老化」が進む証拠写真

The Huffington Post | 投稿日 2013年11月06日

喫煙は、顔の老化を本当に早めるのだろうか。双子を対象にした新しい研究成果が「Plastic and Reconstructive Surgery(形成外科)」誌で発表された。タバコの容赦ない影響を明らかにするものだ。

『風立ちぬ』に日本禁煙学会が苦言「なぜこの場面でタバコが使われなくてはならなかったのでしょうか」

The Huffington Post | 投稿日 2013年08月14日

映画『風立ちぬ』に対して、日本禁煙学会が8月12日に出した要望書が話題になっている。同要望書が、『風立ちぬ』における喫煙シーンに苦言を呈していることについて「おかしい」との意見が多数出ているのだ…