リベラル

「若者の怒りに応えてない」ブラックバイトユニオン代表に聞いた"日本のリベラル"

鳥越俊太郎氏がインタビューで指摘した「デモをしない若者」は今何を考えているのか?「なぜ60年代安保の頃のように、市民運動をしないのか」という声に、若者支援に取り組んでいる「ブラックバイトユニオン」の渡辺寛人さんはどう答えるのだろうか?話を聞いた。
Kenji Ando

「ネット上の争いでは、リベラルは99%負ける」 津田大介さんが訴える政治運動の姿とは

鳥越俊太郎氏がネットやリベラルに幻滅を感じた背景に何があるのか。なぜネット上では保守派ばかりが強くて、リベラルが元気がないのか。ソーシャルメディアを通した情報発信の必要性を訴え続けてきたジャーナリストの津田大介氏に話を聞いた。
PATRICIA DE MELO MOREIRA via Getty Images

アメリカ人の道徳観はリベラル寄りになりつつある 「同性婚」を認めるのは63%(調査結果)

アメリカ人の「道徳観」はリベラル寄りになりつつあるようだ。世論調査会社のギャラップの最新調査によると、「同性婚」、「非摘出子」、「男女間の婚前交渉」を認めると答えたアメリカ人の割合が、いずれも過去最高になった。
Akira Tachibana

「理想」を実現しても、うまくいくとは限らない――チュニジア襲撃事件に思うこと

国内に複雑な民族・宗教対立を抱えていないチュニジアは「民主化の優等生」と見なされてきました。野党指導者の暗殺による政治の混迷を乗り越え、憲法を制定し民主選挙を実施するところまで漕ぎ着けましたが、今回の事件はこうした努力を台なしにしかねません。