整理

みんなで考える、「仕事とカラダのいい関係」 4月6日トークイベント開催

投稿日 2017年03月21日

ハフィントンポストは4月6日(木)、「一般社団法人シンクパール」との共催で「仕事とカラダのいい関係」について考えるイベントを開きます。

毎月、こんなぽっこりお腹になります。原因は......(画像)

The Huffington Post | Rachel Moss | 投稿日 2017年03月21日

「同じ症状を経験している女性、いるんじゃないかな」

生理で悩んでいるなら、低用量ピルを。私が医師として勧める理由

山本佳奈 | 投稿日 2017年03月17日
山本佳奈

「専門知識があるのだから、多くの看護師さんがピルを飲んでいるに違いない」と思っていた。結果は、私の予想とは違った。

「生理についてもっと話しましょう。女の子の可能性のために」女優メーガン・マークルが訴える

The Huffington Post | Jamie Feldman | 投稿日 2017年03月15日

「恥ずかしがって話さないことで、世界中の若い女性たちの可能性が無駄になっているんです」

男性に知って欲しい。生理の時、女性はこんな気持ちなんです

ReeRee Rockette | 投稿日 2017年03月13日
ReeRee Rockette

生理中、女性は気分が悪くなったり、お腹が痛くなったりするだけじゃないんですよ〜。

井土亜梨沙

「生理バディを作ってみたら?」SHELLYさんが提案するカラダとの向き合い方 #ladiesbeopen

HuffingtonPost.jp | 井土亜梨沙 | 投稿日 2017年03月12日

「お互いの仕事に対する真剣な姿勢がわかっているからこそ、仕事で携わっている人に自分のカラダについて理解してもらうことは重要」。

それは恥ですか

ちゅるゆーか | 投稿日 2017年03月08日
ちゅるゆーか

何か、見せびらかすものではないかもしれないけど、そんなに隠すべきものないんじゃない?と言いたくなってしまいます。

女31歳。生まれてこのかた、一度も生理がない。

林亜季 | 投稿日 2017年03月08日
林亜季

愛する人ができても、子どもを産むことができないのか。男の子なら、女の子なら、と、子どもの名前まで考えたこともあったのに。私は何のために、女をやっているのか――。

生理中は冷たいものを飲んじゃダメ? 世界中にあった生理にまつわる32の誤解

The Huffington Post | Natasha Hinde | 投稿日 2017年03月03日

日本では◯◯をしちゃダメ。

生理はまだ、世界中で口に出しにくい「タブー」(調査結果)

The Huffington Post | Dominique Mosbergen | 投稿日 2017年02月23日

「生理について男性とオープンに話せる」女性は、すごく少ない。

「生理痛ひどくても会社行かなきゃ、が変わって欲しい」 徳永有美アナウンサー、女性の働きかたへの思いを語る

The Huffington Post | Satoko Yasuda | 投稿日 2017年02月23日

「昔は根性論で我慢して、はいつくばってでも会社に来なきゃいけないという風潮があった。それが変わって欲しい」

「我慢と忍耐」で若い世代にツケを回してきた 私が"生理"を口にできなかった理由 #ladiesbeopen

Tomoko Nagano | 投稿日 2017年02月23日
Tomoko Nagano

我々世代が「我慢と忍耐」で放り投げてきたツケを、今の若い世代にまわしてしまったことを本当に反省している。

「私、生理痛がひどいんです・・・」 女性部下から告白されて困った #ladiesbeopen

Ryan Takeshita | 投稿日 2017年02月21日
Ryan Takeshita

思い返してみると、確かにあった。月に1度ほど、いつもは同僚と笑い合っている彼女が青ざめている。

社会人3年目の私が、恐る恐る上司に「生理」について話してみた #ladiesbeopen

井土亜梨沙 | 投稿日 2017年02月22日
井土亜梨沙

木曜の朝、午前6時10分。激痛とともに目覚める朝。なんでこんな日に?と考える間も無く冷や汗が止まらなくなる。

デザイナーたるもの「整理オタク」であるべし!? デスクトップから始められる仕事術とは?

CAREER HACK by enjapan | 投稿日 2017年02月12日
CAREER HACK by enjapan

今をときめく注目のデザイナー・割石裕太さん。Macのツール管理からアイデア発想法まで、割石さんの仕事術に迫ります。

男性が生理になったら?女性特有の「つらさ」をマンガで描いた作者の思いとは

The Huffington Post | 生田綾 | 投稿日 2017年03月01日

「えっ男の子の日!?」「せっかく久しぶりに休日あわせたのに...」

生理用ナプキンが女の子たちの人生を変えている。写真家がマラウイで撮った、未来への一歩(画像)

The Huffington Post | Priscilla Frank | 投稿日 2017年01月13日

生理がタブー視されている国で、そのナプキンは少女たちにとっての革命だった。

日本人のピル服用率は、なぜこんなに低いのか

上昌広 | 投稿日 2016年11月01日
上昌広

ピルの服用率は、わずか1%。女医や看護師でも、多くは服用していない。

5Sを身に付けていきましょう

田辺寿夫 | 投稿日 2016年10月17日
田辺寿夫

みなさんは、すぐに5つのSと意味を答えられますか?

面白すぎると話題の競泳選手、「昨日、生理がきた」タブーも全開

The Huffington Post | Alanna Vagianos | 投稿日 2017年02月23日

試合後のインタビューで、突然しゃがみこんで…。

旅行中に彼女が生理になったとき、彼氏がしてあげられる10のこと

TABIPPO.NET | 投稿日 2016年06月14日
TABIPPO.NET

ほんの2〜3日の間、彼女を第一優先に考えてみてください。

男性は生理とどう向き合うべきか?

勝部元気 | 投稿日 2016年04月21日
勝部元気

男性の生理用品に対する向き合い方が話題となっているようです。

女性ユーザーに愛され続けるためには「正直であること」――長生きするサービスの秘訣とは

CAREER HACK by enjapan | 投稿日 2016年02月28日
CAREER HACK by enjapan

幅広い女性たちに支持されている女性向けwebサービス・アプリ「ルナルナ」。ルナルナ事業部の日根さんのお話から、「ルナルナ」が多くの女性に愛される理由が見えてきた。

【誰にも聞けなかった】生理中ってなんでお通じがよくなるの?

The Huffington Post | Kate Bratskeir | 投稿日 2016年02月16日

どうしてだろう、って思っていませんでした?

貧しい国の少女たちの悩み「布ナプキン」 アメリカの芸大生が解決した

The Huffington Post | Eleanor Goldberg | 投稿日 2015年08月11日

低所得国の少女たちにとって、生理の悩みはナプキンを買うお金がないことだ。代わりに布切れなどを使うことがあるが清潔とはいえない。