BLOG

「オフィスで新鮮な野菜が食べたい!」〜株式会社ビースタイルの導入事例〜

2016年04月10日 15時14分 JST | 更新 2017年04月08日 18時12分 JST

〜株式会社ビースタイルの導入事例〜

業種:人材派遣

従業員数:約200名

2016-04-08-1460101384-5392280-.jpg

写真:OFFICE DE YASAI 導入事例

取材に対応してくれたのは広報の宇佐美さん

「週に2~3日くらい昼に弁当を持参してくるのですが、野菜を一品加えたい時に重宝しています! 温野菜から生野菜まで選べるのでその日の献立に合わせて選べるのが嬉しいです。」

Q:御社の事業やサービスについてお聞かせ下さい

A: 企業理念は「best basic style」。

時代に合わせて新たなスタンダードをつくる会社です。この理念に基づき、2002年の創業以来、働きたい主婦に対して就業支援を行って参りました。

約13年間で生み出した主婦の雇用数はのべ4万人以上。女性がそれぞれの価値観、ライフスタイルに合わせて働ける社会の実現に向け、派遣・在宅・エグゼクティブなど、様々な「しゅふJOBサービス」を提供しています。

Q: 社風・どんな企業かお聞かせ下さい

A: 社員の8割が女性で、その内半数以上が主婦のパート社員で構成されています。

全体で新卒入社などの20代前半から60代までと幅広い年齢層の社員が、それぞれのライフステージ・ライフスタイルに合わせた働き方で活躍しています。最近では新卒入社層で産休・育休を活用する社員達もおり、経験ある先輩方にアドバイスをもらう場面も多く見受けられます。

社内に既婚者が多いということもあり健康意識は高く、ランチタイムにお弁当プラスアルファというかたちでOFFICE DE YASAIは非常に重宝されています。

一方で新卒入社などの若手社員は一人暮らしも多く、夜遅くまで仕事することもあり、偏食になりがちですが、OFFICE DE YASAIがあることで、「今週は食生活が偏っているから今日は野菜をたべておこう」と自分の体や健康を気遣う意識が徐々に高まっているように感じています。

2016-04-08-1460101421-8293568-14.png

写真:OFFICE DE YASAI 導入事例

Q: OFFICE DE YASAIを知ったきっかけをお聞かせ下さい。

A: 社員の健康増進のため、新鮮なフレッシュ野菜がオフィスで食べられるようにしたいというのが導入のきっかけです。

社員当社の代表取締役社長三原と株式会社KOMPEITOの代表取締役社長川岸さんがお会いした際の、三原の「オフィスで野菜を食べたい」という発言が発端でOFFICE DE YASAIというサービスが生まれたのだとか?笑

Q: 導入後、社員の皆様の反応・ご利用状況について

A: 社員の健康は会社の業績にも直接繋がる要素なので、今後も健康向上のためにいろいろな取り組みを期待しています。

社員の反応も上々なので、今後は別のフロアにも順次導入を進めていきたいと思っています。

2016-04-08-1460101465-2450504-12.png

写真:OFFICE DE YASAI 導入事例

Q: 導入後、社員の皆様の反応・ご利用状況について

A: 最近では野菜だけでなく、カットフルーツなども幅広くご提供いただいています。

野菜を食べる気分ではないけれど「からだにいいものを摂取したい」という時に、バラエティ豊かな商品ラインナップはとても役立っています。

またOFFICE DE YASAIさんが選定しくださるものなので安心していただけます。これからも新鮮でフレッシュな野菜に期待していますよ〜!

【関連記事】

■現場を知れば野菜はもっと美味しくなる!

■女性比95%の企業で導入の福利厚生!ワーキングマザーも大満足の理由とは?

■毎日がたのしくなるヤサイ情報の宝庫「OFFICE DE YASAI NEWS」について

「OFFICE DE YASAI NEWS」は、新鮮な野菜やフルーツをオフィスにお届けするサービス「OFFICE DE YASAI」による野菜情報サイトです。毎日をより健康に過ごすための「野菜のある生活」をたのしく紹介してまいります。

Facebookの公式アカウントをフォローする♪

OFFICE DE YASAIブログはこちら♪