BLOG

切迫流産入院中、夫がやってくれた“恥ずかし過ぎる”出来事。

まさかの出来事に、今すぐ病院を抜け出して取り戻しに行きたかったです。

2017年09月12日 14時28分 JST | 更新 2017年09月12日 14時28分 JST

すくパラ倶楽部NEWS

長男が1歳になって間も無く、二度目の妊娠。

長男が1歳になって間も無く、二度目の妊娠

しかし切迫流産になり、急遽入院することになりました。

保育園の送迎は基本的に全て私が担当していたので、急な入院で夫への引き継ぎも口頭でしか出来ず、大変だったと思います。

特に、保育園は着替えの準備が大変ですよね!

しかもちょうどゴールデンウィーク前で季節の変わり目、

服が足りない状態に陥ったそうです。

関連記事

男の子ママは要注意!むきむき体操を一生懸命やった結果

私が入院中に、夫がやってくれた恥ずかしすぎる事

朝のドタバタの中で、どこからか発掘したのが...

かつて私が片足だけ突っ込んで挫折した、手作りの服の残骸。

そうですね、具体的にどこがヤバいのかといいますと、

・襟周りの寸法を間違えてユルユル。

・ボタンの位置がおかしく、うまく留められてない。

・本体と袖の結合部が突っ張っていたり、縫えていなかったり。

・布が3枚以上重なる部分は厚みに負けて縫い目がガッタガタ。

そんな雑巾以下の失敗作を、保育園の先生方に大公開してしまうとは...!

まさかの出来事に、今すぐ病院を抜け出して取り戻しに行きたかったです。

本当恥ずかしい(泣)

関連記事

ドイツ人の夫のテンションが上がるレア地球儀って??

なぜ失敗作を旦那は子供に着せて保育園に行かせたのか?

「この失敗を次回作に活かすために、しばらく保管しておこう」

それがどこかへ転がり、いつのまにか洗濯機へ行き、

夫が「着れる物」と思い込み、こういう結果になったのだと思います。

身動きが取れない時に人に何かを任せる、尻拭いも出来ないって、本当恐ろしいですね...。

退院後、先生方はボロボロ服について何も触れてきませんでした(これが本件のハイライト)

作者:ゆむいさん

しくじり育児エピソード大募集!

すくパラ倶楽部NEWS

すくパラ倶楽部NEWS