Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

TechCrunch Japan Headshot

トランプ大統領就任式の1時間後にホワイトハウスWebサイトから消えた、LGBTの人権ページ

投稿日: 更新:
印刷

2017-01-23-1485139203-1357911-screenshot20170120at100220am.png

そして、権力の移行が始まる。まず、WhiteHouse.govのサイトでは、いくつかのページが変えられたり、完全になくなっている。その中には、レズビアンやゲイ、バイセクシャル(両性指向者)、トランスジェンダー(性転換者)...LGBT...に関するページもある。

Trumpの大統領就任式が終わって1時間後には、whitehouse.gov/lgbtのページがTrumpの政権移行促進ページにリプレースされた。

2017-01-23-1485139226-661976-screenshot20170120at100911am.png

アップデート: 移行促進ページもなくなった。ホワイトハウスのLGBTページは完全に消えてしまった。〔404ページのみ〕

Obama政権は、重要な法案の成立と、法廷での歴史的な勝利、そしてゲイや性転換者などのための重要な政策変更を強調するために、ホワイトハウスのWebサイトにLGBTのページを導入した。そのページは、"It Gets Better"などのゲイの人権活動にも光を当て、LGBTの人たちが悩みに悩んで自殺まで考えてしまうことを、防ごうとした。

今その人権活動のページは、 "Strengthening Civil Rights"のアーカイブされているページへリダイレクトされるが、それも今後変わるかもしれない。なにしろ、LGBTの言及はすべて消え去った:

2017-01-23-1485139250-5884913-c2oi6svweae4gob1.png

Trumpの新しいホワイトハウスWebサイトが完成したときには、そこにTrump独自の、LGBT肯定ページがあるのだろうか? Trumpは共和党内の小グループLog Cabin Republicansから、"共和党の歴史においてもっとも積極的なLGBT擁護派の大統領指名候補者だ"と賞賛されている。でもこの、LGBTを擁護する小グループは、本選候補者としてTrumpを推すことを拒否した。

LGBTのコミュニティはTrumpが大統領になることに懸念を表明していた。とくに副大統領のPenceは、インディアナ州の州知事時代に、LGBTを保護する法律に反対した

関連のニュースとして、気候変動に関するすべての言及が、このサイトの全域から削除されたようだ

ゲイや性転換者などの人権に関するObama政権の業績は、過去のプレスリリースに見ることができる。この問題を今、Trumpの政権移行チームに問い合わせているので、情報が得られ次第、あるいは新しいページが出現次第、この記事をアップデートしよう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

(2017年1月21日 TechCrunch日本版「ホワイトハウスのWebサイトからLGBTの人権ページが消えた」より転載)

【関連記事】

ウェブサイトをネイティブアプリに変える 「Joren」、フラーが国内版を提供開始
Jack Dorsey、一部のTwitterユーザーがトランプの @POTUSアカウントを強制フォローさせられた件で謝罪
マッチングサービス「Pairs」が会員数500万人突破 ---- 今後はアジア5カ国でサービス展開
カフェ難民に朗報、15分100円から席が借りられるCoin Spaceがローンチ
ヨーロッパ史上最高額 ー Rocket Internetが10億ドルのファンドを組成