BLOG

台風3号、長崎県の一部が強風域に 今後の進路は?

2017年07月03日 18時42分 JST | 更新 2017年07月03日 18時42分 JST

tenki

台風3号の接近に伴い午前3時頃には長崎県の一部が風速15メートル以上の強風域に入ったものと見られます。今後、台風は九州に上陸する恐れがあり、九州など西日本各地は強い雨や風に注意、警戒して下さい。

台風3号は、4日午前3時現在、長崎市の南西約260キロメートルの東シナ海を北北東に毎時45キロメートルと速い速度で北上中です。中心気圧は985ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は30メートル、中心から40キロメートル以内が暴風域(風速25メートル以上)、東側190キロメートルと西側150キロメートルは強風域(風速15メートル以上)となっていて、長崎県の一部が、この強風域に入ったと見られます。

これから台風が近づく、九州と四国や中国、近畿などの西日本各地と東海や関東甲信では、急に雨や風が強まるおそれもありますので、引き続き、最新の台風情報を確認して台風に備えて下さい。また、梅雨前線が停滞しているため、北陸や東北も大雨に警戒が必要です。

(2017年7月4日 4時44分)

関連リンク

日直主任

臨機応変に日直予報士記事をアップします!

「日直予報士」は、日本気象協会所属の気象予報士が交代で全国の天気を解説します。

日々の天気、季節の話題など皆さんの生活に密着した気象情報もお届けしています★