BLOG

【台風21号】大雨や暴風を警戒すべき期間は?

地方ごとの大雨と暴風への警戒期間をまとめました。

2017年10月20日 17時24分 JST | 更新 2017年10月20日 17時24分 JST

大型で強い台風21号は、22日には非常に強い勢力となり、沖縄に接近。23日には強い勢力で九州から関東にかなり接近し、上陸する恐れ。地方ごとの大雨と暴風への警戒期間をまとめました。

沖縄は土曜日、滝のような雨に

20日(金)正午現在、大型で強い台風21号は、このあとも発達しながら北上を続け、21日(土)から22日(日)にかけて非常に強い勢力で沖縄の大東島地方にかなり接近する恐れがあります。台風の接近に伴い、沖縄では20日(金)夕方から風が強まり、海上は大しけとなる所がある見込みです。21日(土)から22日(日)は大東島地方を中心に暴風が吹き荒れ、1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る所があるでしょう。

九州から東北 大雨に厳重警戒

さらに23日(月)には強い勢力で九州から関東にかなり接近し、上陸する恐れがあります。また、本州付近に停滞する前線の影響で台風が接近するより前から大雨となるでしょう。広い範囲で滝のように非常に激しい雨が降り、局地的には息苦しくなるほどの猛烈な雨が降る見込みです。大雨の期間が長くなることにより、土砂災害や河川の氾濫、低い土地への浸水など、災害につながる恐れもあります。さらに台風は強風域がかなり広いため、台風が遠くても非常に強い風が吹くことが考えられます。上の図の「大雨と暴風の警戒期間」を参考に、今後の荒天に備えてください。

なお、今後の台風の進路によっては、上の図の警戒期間が前後する可能性もありますので、最新の情報を確認してください。

(2017年10月20日 15時35分)

関連リンク

台風情報

雨雲の動き

警報・注意報


中川 裕美子

気象予報士 防災士

一児の母となり、公私ともに奮闘中。