BLOG

東京23区でも積雪のおそれ 【2/18の天気】(高津 八千世)

2015年02月17日 20時16分 JST | 更新 2015年04月19日 18時12分 JST
tenki.jp

18日は東北から九州にかけて雨や雪の降る所が多く、関東周辺は冷たい雨や雪の一日。山沿いは大雪の所もあり、平野部で積もる可能性も。また、近畿周辺は大気の状態が非常に不安定。昼ごろまでは落雷や竜巻などの激しい突風に注意。

18日の天気・気温

18日の天気・気温

雨や雪、冷たい風で寒い一日に

18日は晴れ間の出る北海道は3月中旬から下旬並みの気温となりそうです。

一方で、冷たい雨や雪が降る東北から関東の気温は一日ほとんど横ばい。

東京の最高気温は札幌と同じ4度の予想です。

凍える寒さとなりますので、傘を持つ手には手袋がかかせません。

一番暖かいコートを着て、万全の防寒対策をしてお出かけください。

東海は午後は晴れ間が戻りますが、冷たい風が強まりそうです。

北陸や近畿から九州も日本海側を中心に所々で雨や雪が降り、

風の冷たさが身にしみるでしょう。

18日9時の予想天気図

18日9時の予想天気図

関東は平地で積雪のおそれも 近畿は落雷・突風に注意

本州の南の海上を進む低気圧の動きがゆっくりなため、関東甲信も雨や雪が長く続きそうです。

18日(水)も広い範囲で雨や雪が降り、山沿いでは大雪になるおそれもあります。

18日の夜までに予想される雪の降る量は、多い所で

関東北部の山沿い 25センチ

甲信地方     20センチ

箱根から多摩地方や秩父地方にかけて 15センチです。

また、関東北部の平野部で15センチ、南部の平野部でも5センチの雪の降る所があり、

平野部でも積もる可能性があります。

東京23区でも積雪となる所があり、気温が低くなった場合は雪の量が増えるおそれも。

交通機関の乱れや路面凍結などに注意してください。

一方、上空に強い寒気を伴った別の低気圧が日本海を進みます。

近畿北部や中部、北陸は大気の状態が非常に不安定で、局地的に雷雲が発達しそうです。

18日(水)昼ごろにかけて落雷、竜巻などの激しい突風、急な強い雨などに注意が必要です。

(2015年2月17日 23時53分)

【あわせてチェックしたい】